特集「射手座の花 ポインセチア」12月9日誕生花

z11036.jpg
12月9日の誕生花でとても印象的な赤ですが苞です。しかし専門家ではないので全体を花として捉えても問題はないですよ。

ポインセチア Poinsettia
英名の「Poinsettia(ポインセチア)」は、この花を初めてアメリカに紹介した米国初代メキシコ公使のジョエル・ロバーツ・ポインセット(Joel Roberts Poinsett / 1779~1851)の名前にちなむ。日本には明治時代に持ち込まれ、「猩々木(ショウジョウボク)」と名づけられた。大酒飲みで赤い顔が特徴である伝説上の動物、猩々(しょうじょう)に似ていることに由来する。原産国のメキシコでは「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれるそうな。

冬の花(最盛期は12月)。花色は赤、ピンク、白、黄。

ポインセチアの花言葉
花言葉の「私の心は燃えている」は、ポインセチアの燃える火のような朱紅色の鮮やかさに由来するといわれている。また、「清純」の花言葉は、メキシコの先住民族がポインセチアの輝くような色を清純のシンボルとしていたことに由来するともいわれている。
 
「祝福」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」「清純」

z11037.jpg
 
ポインセチア誕生花
12月9日、12月25日(赤)
 
クリスマスとポインセチア
クリスマスを飾る花の代表格のポインセチア。クリスマスとの関係は、17世紀にメキシコのタスコ付近に住み着いたフランシスコ修道会の僧たちが、ポインセチアの色と開花時期から「赤は清純なキリストの血」「緑は農作物の生長」を表わしているとして、誕生祭の行列に使うようになったのが始まりといわれている。
 追記
ポインセチアがクリスマスの花とされるようになった主な由来の1つが、色。クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれ、赤は「キリストの流した血の色」、緑は「永遠の命や愛」、白は「純潔」を表す。葉が赤と緑、樹液が白のポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物。また、花や苞(ほう)の形がベツレヘムの星を連想させることや、「聖夜」という花言葉を持つことも、ポインセチアがクリスマスに使用される理由であるとされている。

ポインセチアの小さな花
ポインセチアの赤く大きな花びら(花弁)のように見えるのは、花を守る苞(ほう)(つぼみを包んでいた葉)。本当の花は苞の中心にある黄色い粒状のもので、花びらは持たない。
 
西洋の花言葉(英語)
≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧
Poinsettia(ポインセチア全般)
「purity(清純)」「be of good cheer(元気を出しなさい)」
 
ポインセチアの季節・開花時期
旬の季節: 冬
開花時期: 11月~3月
出回り時期: 11月~3月(最盛期は12月)
花持ち期間: 5~7日程度
 
名称・原産地
科・属名: トウダイグサ科トウダイグサ属
学名: Euphorbia pulcherrima
和名: 猩々木(ショウジョウボク)
別名: ポインセチア
英名: Poinsettia, Christmas flower
原産地: メキシコ
 
ポインセチアを国花とする国
マダガスカル
z11038.png
クリスマスと言えば昨年はひとりじゃなかったんだ。一時でも付き合ってくれた彼女には感謝の気持ちを込めて幸せになれることを祈るのカードを添えて彼女が好きな花を散りばめた花束を花キューピットに依頼した。新しい恋を見つけた人に手渡しでは贈れないし形が残る贈り物では新しい恋人に余計な心配をさせるし何もしないでは今まで夢を見させてくれて感謝してるから俺の気が済まない。そこで花ならすぐに枯れて跡形もなく消えるから・・・・・

また夏が過ぎて秋が訪れて冬が来てクリスマス
今年はまたひとりだろう。
スポンサーサイト

ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー詩集 中原中也訳 食器戸棚


z10936.jpg

 食器戸棚


これは彫物ほりもののある大きい食器戸棚
古き代の佳い趣味あぢあつめてほのかな材(かし)。
食器戸棚は開かれてけはひの中に浸つてゐる、
古酒の波、心惹くかをりのやうに。

満ちてゐるのは、ぼろぼろの古物こぶつ、
黄ばんでプンとする下着類だの小切布こぎれだの、
女物あり子供物、さては萎んだレースだの、
禿鷹の模様の描かかれた祖母ばあさんの肩掛もある。

探せば出ても来るだらう恋の形見や、白いのや
金褐色の髪の束たば、肖顔にがほや枯れた花々や
それのかをりは果物くだもののかをりによくは混じります。

おゝいと古い食器戸棚よ、おまへは知つてる沢山の話!
おまへはそれを話したい、おまへはそれをささやくか
徐(しづ)かにも、その黒い大きい扉が開く時。

特集「射手座の花 寒椿(椿、山茶花)」12月8日、12月10日(椿)、12月21日(椿白)誕生花 再編集再掲載

z11030.jpg
12月8日誕生花は南天ですが寒椿も誕生花です。 寒椿とは、「寒い季節に花を咲かせるツバキ」という意味もありますが、ガーデニングでは山茶花の園芸品種のことを指します。中国原産の純粋なカンツバキ(Camellia hiemalis Nakai)と、カンツバキ群(Camellia sasanqua Kantsubaki)の2種を指し、冬の庭を彩ってくれる存在として古くから日本人に親しまれてきました。つい先日に山茶花の掲載をしましたので今回は椿ということで再掲載しますが個人的な見解でも山茶花の別名だと思ってます。

椿 Camellia

椿の花名の由来は、椿の葉が丈夫なことから「強葉木(つばき)」といわれたという説や、つやのある葉から「艶葉木(つやはき)」といわれたという説、また、葉が厚い「厚葉木(あつばぎ)」から転じたと言われている。
ツバキは日本原産の植物であり、日本を代表する美しい花木の一つとなっている。光沢のある緑色の厚い葉と、その周囲にある上向きの細かいギザギザが特徴。

椿(ツバキ)の花言葉
椿の花言葉は、「控えめな優しさ」と「誇り」で、正反対にも思える花言葉を持ってる。「控えめな優しさ」という花言葉は、花は派手なのに対し、香りがなく控えめという見解からきている。「誇り」という花言葉は、椿は「日本のバラ」とも呼ばれるほど美しく、それを誇りに思うところから、日本誇りに思う、という意味の花言葉がついた。「控えめな」という花言葉のピンク、赤の椿に対し、白の椿は「完全なる」という花言葉を持っている。これは、白い花は美しいという風習からきた花言葉とも。

「控えめな優しさ」、「誇り」

椿(ツバキ)赤の花言葉は、「控えめな素晴らしさ」「気どらない優美さ」「謙虚な美徳」。
z10204.jpg
赤い椿

寒椿の誕生花
12月8日

椿の誕生花
1月1日(白)、1月2日(赤)、1月25日(白)、2月3日、11月11日(白)、12月10日、12月21日(白)
 



他の色の椿の花言葉

白いツバキ

「完全なる美しさ」「申し分のない魅力」「至上の愛らしさ」
z11031.jpg
白い山茶花

ピンクのツバキ

「控えめな美」「控えめな愛」「慎み深い」

ツバキと文学
ツバキは18世紀にヨーロッパに伝わります。19世紀にはツバキブームが巻き起こり、社交界の女性はみな争ってツバキを胸に飾った。フランスの作家アレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)(1824~1895)が高級娼婦との恋の思い出を書き上げた小説『椿姫』(1848年)でも、こうした流行が描かれている。また、この小説や戯曲版を原作として、オペラ『椿姫』やバレエ『椿姫』も生まれた。


科・属 ツバキ科ツバキ属
英名 Camellia
学名 Camellia japonica
原産地 日本、中国、東南アジア
開花時期 12月~4月 z11032.jpg
家の庭や垣根に山茶花も椿も有るという事は物凄く花好きには贅沢な住まいだ。しかしひとり住んでる身としては正直手入れが大変で管理がままならないのが現状。知らぬが仏と言うが近所の住人は「見事」と鑑賞に来るが自分としては十分管理出来ずに唯大きくなっただけで何が見事だか良く分からない(笑)

「冬至夜懐湘霊」 白居易
艷質無由見、寒衾不可親。
何堪最長夜、俱作獨眠人。

 「冬至の夜、湘霊を懐(おも)ふ」
艶質 見るに由し無く、
寒衾 親しむべからず。
何ぞ堪へんや 最も長き夜に、
倶に独り眠れる人と作(な)れるを。

 あでやかなあなたは遠くにいて会いにも行けず、
 冷たい布団にもぐりこんでもむなしいばかり。
 今日の夜は一年で一番長い夜、
 どうしてがまんできましょう?それぞれひとり離ればなれで眠るなんて。

特集「射手座の花 シクラメン」12月7日、12月10日(白)誕生花 再編集再掲載

z11020.jpg
12月7日、12月10日(白)誕生花はヒイラギとシクラメンです。出来れば未掲載のヒイラギをと思ったのですが自分にとってシクラメンは大好きな花のひとつで一日観てても飽きない花ですので敢て再掲載しました。

シクラメン Cyclamen
属名の学名「Cyclamen(シクラメン)」は、実のついた茎が螺旋状に丸まる性質から、ギリシア語で螺旋や円を意味する「kiklos(キクロス)」が語源になったといわれている。和名の篝火花(カガリビバナ)は、そり返った花びらの形を見たある貴婦人が「これはかがり火のような花ですね」と言ったことから日本の植物学者、牧野富太郎(1862~1957)によって名づけられた。
豚のパンと饅頭
シクラメンは英語で「sowbread(豚のパン)」とも呼ばれる。これはシチリア島でシクラメンの球根を豚が食べ荒らしたことに由来する。日本でも「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」という別名があるが、これはパンという言葉がわかりにくい時代に饅頭として日本語に訳されたもの。
 
下を向いたシクラメンの伝説
草花が好きだったソロモン王は、王冠に花のデザインを取り入れたいと考えた。ソロモン王はいろいろな花と交渉したが断られてしまう。そして、唯一承諾してくれたシクラメンにソロモン王が感謝すると、それまで上を向いていたシクラメンが嬉しさと恥ずかしさのあまりにうつむいてしまったそうな。
 
冬の花(最盛期は11~12月)。花色は赤、ピンク、白、青、紫、黄、オレンジ、複色など。

シクラメンの花言葉
「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」の花言葉は、雨から花粉を守るために下向きに咲くシクラメンの花が、恥らっているように見えることに由来する。また、赤いシクラメンの「嫉妬」の花言葉は、そり返った花びらが炎のように見えることから、燃え上がる嫉妬心を連想したものといわれている。

「遠慮」「気後れ」「内気」「はにかみ」
 z11021.jpg

色別の花言葉
赤いシクラメン
「嫉妬」
白いシクラメン
「清純」
ピンクのシクラメン
「憧れ」「内気」「はにかみ」
 
 
シクラメン誕生花
1月14日、12月7日、12月10日(白)
 
お見舞いにはNG
「死」「苦」との語呂合わせや赤色の花が血をイメージするなど、病院への見舞いにシクラメンを持っていくことは縁起が悪いとされている。
 
西洋の花言葉(英語)
Cyclamen(シクラメン全般)
「timid hope(遠慮がちな期待)」「shyness(内気、はにかみ)」「resignation and good-bye(退職と別れの言葉)」
 
シクラメンの季節・開花時期
旬の季節: 冬
開花時期: 10月~4月
出回り時期: 10月~5月(最盛期は11~12月)
花持ち期間: 5~7日程度
 
名称・原産地
科・属名: サクラソウ科シクラメン属
学名: Cyclamen persicum
和名: 篝火花(カガリビバナ)
別名: シクラメン、豚の饅頭(ブタノマンジュウ)、篝火草(カガリビソウ)
英名: Cyclamen, Florist’s cyclamen(栽培品種), Sowbread
原産地: 地中海沿岸
 
シクラメンを国花とする国
イスラエル、キプロス(キプロスシクラメン)、サンマリノ(アキザキシクラメン)
z11022.jpg
花はひとりで訪れて観ても楽しめるが出来れば信頼し合った恋人同士で観るとその美しさを共有することで更に心に残る。しかし自分は気づけばいつもひとりで花を観ている気がする。別に好きでひとり花してる訳じゃないけど誰も恋人と呼べるような人がいないから仕方が無しにひとり花してる。まあ好きな人はいないけど好きな花なら沢山いるしひとりだと何も心に憂いが無いから花に心で話掛けられる。

話し掛けたくても言葉にして話し掛けちゃいけないよ!恋する人といられるなら言葉なんか要らないと思うでしょう?


プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR