海潮音 上田敏訳  ジォルジュ・ロオデンバッハ


z10319.jpg

黄昏 ジォルジュ・ロオデンバッハ
 
夕暮がたの蕭やかさ、燈火無き室の蕭やかさ。
かはたれ刻は蕭やかに、物静かなる死の如く、
朧々の物影のやをら浸み入り広ごるに、
まづ天井の薄明、光は消えて日も暮れぬ。
 
物静かなる死の如く微笑作るかはたれに、
曇れる鏡よく見れば、別の手振うれたくも
わが悌は蕭やかに、辷り失せなむ気色にて、
影薄れゆき、色蒼み、絶えなむとして消つべきか。
 
壁に掲けたる油画に、あるは朧に色褪めし、
框をはめたる追憶の、そこはかとなく留まれる
人の記憶の図の上に、心の国の山水や、
筆にゑがける風景の黒き雪かと降り積る。
 
夕暮がたの蕭やかさ。あまりに物のねぴたれば、
沈める音の絃の器に、枷をかけたる思にて、
無言を辿る恋なかの深き二人の眼差も、
花毛氈の唐草に絡みて縒るゝ夢心地。
 
いと徐ろに日の光、隠ろひてゆく蕭やかさ、
文目もおぼろ、蕭やかに、噫、蕭やかに、つくねんと
沈黙の郷の偶座は一つの香にふた色の
匂交れる思にて、心は一つ、えこそ語らね。



スポンサーサイト

竜胆(りんどう)

z10316.jpg
自然だと群生しないでひとつづつ咲く野の花。日光戦場ヶ原へ林道ツーリングしに行った時発見して時間を忘れて見入ったっけ!

リンドウの名は、中国で「葉は竜葵(りゅうき)に似ており、味は胆(きも)のように苦い」という意味で竜胆(りゅうたん)と名づけたのが語源となり、日本で国語化してリンドウと呼ばれるようになったといわれている。学名「Gentiana(ゲンティアナ)」は、薬効を発見した古代ギリシア・ローマ時代のイリュリア最後の王ゲンティウスにちなむといわれる。

ウサギとリンドウの伝説
修行者の役小角(えんのおづの、634~701)が日光の山道を歩いていると、一匹のウサギが雪の中からリンドウを掘り出してなめているのを見つけた。不思議に思った役小角がウサギに尋ねると、主人が病気なのでこの草を探していたと答えて去っていった。役小角も試しにその草の根を掘り、病人に飲ませてみると優れた効き目のあることが分かった。役小角はこれは二荒神のお告げに違いないと考え、その後日光ではリンドウが霊草になったそうな。
 
花言葉
花言葉の「悲しんでいるあなたを愛する」は、群生せずに一本ずつ咲く花姿と悲しみを思わせる青紫の花色に由来するといわれる。
 
「悲しんでいるあなたを愛する」

リンドウ誕生花
8月31日、9月16日、10月20日
 
生薬
リンドウの仲間の中に、根が薬用になるものがあることは古代エジプト時代から知られていたらしい。現在でも薬用として栽培され、漢方では古くから竜胆(りゅうたん)という生薬として利用されている。
 
西洋の花言葉(英語)
Gentian(リンドウ全般)
「I love you best when you are sad(悲しんでいるあなたを愛する)」「loveliness(愛らしい)」「intrinsic worth(固有の価値)」
 
旬の季節: 秋
開花時期: 9月~11月
出回り時期: 9月~11月(最盛期は9月)
花持ち期間: 5~10日程度
 
科・属名: リンドウ科リンドウ属
学名: Gentiana scabra
和名: 竜胆(リンドウ)
英名: Gentian
原産地: 日本、中国、朝鮮半島、シベリア
 
リンドウを国花とする国
スイス(アルペンエンツィアン)


z10317.jpg
志賀高原りんどう公園!ここは地元の有志達がリンドウを植えたので群生していてとても綺麗だよ。夏、避暑に行くついでに是非見に行って欲しい!
z10318.jpg
この看板の近くだからと皆さんに教えて欲しいって!

二輪草(ニリンソウ) 3月23日更新分

z10312.jpg
一つの茎から二つの花が咲くから二輪草。これを可憐と呼ばずに何とする!

二輪草 Soft windflower
学名「Anemone(アネモネ)」は、ギリシア語の「anemos(風)」を語源とし、春の初めのおだやかな風が吹き始める頃に花を咲かせるからともいわれ、和名の「二輪草(ニリンソウ)」は、ひとつの茎から2輪ずつ花茎が伸びることにちなむ(まれに1輪や3輪のものもあり)。英語では「Soft windflower(柔らかな風の花)」と呼ばれる。なお、同属のアネモネは「Windflower(風の花)」ともいう。

春の花。花色は白。

ニリンソウの花言葉
花言葉の「友情」「協力」「ずっと離れない」は、ひとつ茎に仲よく2輪の花を咲かせることにちなむ。
 
「友情」「協力」「ずっと離れない」

ニリンソウ誕生花
3月7日
 
旬の季節: 春
開花時期: 3月~5月
 
科・属名: キンポウゲ科イチリンソウ属
学名: Anemone flaccida
和名: 二輪草(ニリンソウ)
別名: フクベラ、鵝掌草(ガショウソウ)
英名: Soft windflower
原産地: サハリン、日本、朝鮮半島、中国東北部
z10313.jpg
上高地の明神池から徳沢に至るハイキングコースのニリンソウ。ここは余り人に来て欲しくない場所だな!それは俺だけのものにして置きたい程美しい野の花という意味さ。

朝からどうでも良い話「独身男の下っらない妄想!仮面女子編」

z10311.jpg

「極普通の女の子の集まりだけど何か応援したくてね」
ものは考えようだと思う。例えばAKBGだと確かに超が付くほどスタイルが良くて可愛い女の子が多いでしょう?だけど中身は普通の女の子だから恋もするし泣きもする。だけどAKBGの場合は名目上恋愛禁止(片思いOK)だから辞めるかコッソリ付き合うしか方法はない、しかも辞めても事務所在籍以外は芸能活動2年間禁止!好きになってもどうにもならない組織なのよ!これじゃ夢も見られないさ!
ここが違う!仮面女子はファンや関係者以外は恋愛自由!つまり妄想でも夢を持つには十分!ファンじゃなければ良い!男性諸君、まあ頑張れ!
「俺という人間はどう捉えてるか」
肝心な俺に関してだけど、仮面女子というアイドルは踏みつけられても生えて来る雑草のように諦めない頑張り屋さんの集まりだと思うから何か応援したいという気持ちなんさ!だからあの子が気になるとかそういうものが全然ない。強いて言えばこんな男をフォローしてくれたメンバーは特別扱いしてるが彼女達を見る目は至って冷静というところだよ。もちろんそれは彼女達の頑張りで幾らでも変わるだろうけど恋愛とは今のところ言える状態ではないよ。応援してる割りには凄く冷めてるだろ?だけどそれは彼女達に女性として魅力を感じないという訳ではない。恐らくだがどんな魅力的な女性にでも直ぐには熱くなれない人間になっちゃってるんじゃないかな?そんな風に自分を分析する。
プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR