「今日の仮面女子特別編 胡桃そらミニ特集」9月25日更新分

z11328.jpg
生年月日:1997.06.05(20). 血液型:A型出身地:東京都身長/体重:147.6cm/40.5kg スリーサイズ:B72(A)、W59、H81 靴のサイズ:22cm 視力:右1.2 左0.3 自己PR:歌うことと映画と黒猫と絵を描くことがだいすきです! 好きな食べ物はチョコミントと紫!

実はお気に入りのアリスプロジェクトメンバーを紹介させて頂きましたが彼女だけは一度もライブで会った事が無いのです。それにも関わらずいち早くフォローもしてくださり、例え本人でなくても彼女関係のツイートにもいいねしてくれて俺を仮面女子に誘ったもうひとりのメンバーです。私としても是非会いたいですね!
z11319.jpg
z11330.jpg
z11322.jpg
z11327.jpg
z11323.jpg
z11321.jpg
z11320.jpg
z11329.jpg
小悪魔的なものは私には感じ取れません、むしろそれは仮面女子としての彼女のスタイルだけの事ではないでしょうか!可愛らしい顔は笑うとやはり大人の女性の落ち着きが観て取れます。
本題の尻フェチとしてもこのほのかな色香は子供では出せない大人の世界ですし美ケツに関してもなかなかの可愛いケツ!歳を重ねれば更に色っぽい女性になるでしょう。



スポンサーサイト

今日の花便り 「待宵草」

z11325.jpg
大正期の詩人竹久夢二の詩の「宵待草」が待宵草のことです。以前月見草を紹介しました事を覚えていらっしゃる方もあると思いますので注意として、この花と月見草を混同されることがありますが別な花です。



誰を待つ
待宵草の
待ちぼうけ 
   詠み人知らず


待宵草 Small flowered Evening primrose
アカバナ科マツヨイグサ属の一年生または多年生草本植物で、この語は主にマツヨイグサ属に含まれる植物について種を特定しないで呼ぶ場合に使用される。標準和名マツヨイグサは学名 Oenothera odorata で呼ばれる種を指すが、こうした用法では滅多に使用されない。本項ではマツヨイグサ属と種としてのマツヨイグサ O. strica の双方について言及する。


マツヨイグサ属には黄色以外の白、紫、ピンク、赤といった花を咲かせる種もある。標準和名では、黄花を咲かせる系統は「マツヨイグサ」(待宵草)、白花を咲かせる系統は「ツキミソウ」(月見草)と呼び、赤花を咲かせる系統は「ユウゲショウ」(夕化粧)などと呼んで区別しているが、一般にはあまり浸透しておらず、黄花系統種もよくツキミソウと呼ばれる。しかし黄花以外の系統がマツヨイグサの名で呼ばれることはまずない。なお黄花以外の種は園芸植物として栽培されているものが多い。開花時間帯についても、ヒルザキツキミソウなどはその名のとおり昼間に咲く。英語では夜咲き種は evening primerose、昼咲き種を sundrops と呼び区別している。
基本的に虫媒花だが、開放花ながら自家受粉を行う種や、閉鎖花を咲かせる種など様々である。
黄花系統種のうち、マツヨイグサ O. stricta やコマツヨイグサは、花が萎むと赤く変色するが、オオマツヨイグサやメマツヨイグサはそれほど赤くはならないので、こういった点でも種を区別できる

マツヨイグサの花言葉
マツヨイグサの花言葉「ほのかな恋」は、夕方に黄色い花を咲かせ、翌日の朝には黄赤色になってしぼんでしまう一日花で、その花の儚さに対してつけられている。

「移り気」「ほのかな恋」「浴後の美人」
z11324.jpg

誕生花
6月21日 7月22日 8月16日

分布
マツヨイグサ属にはおよそ125の種が含まれており、14節が構成される。どの種も南北アメリカ大陸原産であり他地域には産しない。日本も例外ではなく、野生のものは帰化植物か、逸出した園芸植物のいずれかである。
原産地では種により海辺や平野から高山に至るまで幅広く分布するが、パイオニア植物なので、自然状態では平地では河原、砂浜や砂漠、山ではガレ場や、山火事の跡などの荒地や痩せ地に、人為的にかく乱された環境下では鉄道路線沿いや路肩、耕作放棄された畑や休耕田のような場所に生え、他の植物が成長してくると姿を消す。日本では造成中の土地や未舗装の駐車場でもよく見かける。
本属植物は、メキシコ北東部からアメリカ合衆国のテキサス州にかけての地域が発祥の地と考えられている。氷河期にこの地域は結氷から取り残され、そこに本属植物が生き残った。間氷期にはそこから再び大陸全土に分布し、氷河期に入ると再び分布を縮小した。更新世には都合四度のこうした分布の縮小と拡大が繰り返され、それが今日見られる多様な種分化を促したと考えられている。また本属植物は野生下においても容易に種間で交雑し、そうして生じた雑種や、人為的に交配して得られた品種が固定され、新種に分化することがあるため、種数が非常に多い。

種としてのマツヨイグサ
種としてのマツヨイグサ O. stricta も、原産地はチリやアルゼンチンといった南米で、嘉永年間(1848年〜1853年)に日本にもたらされ、当初観賞用として植えられていたものが逸出し、昭和30年代に同属のオオマツヨイグサ O. erythrosepala とともに空き地などに大群落を形成した。しかし近年はこれも同属のメマツヨイグサ O. biennis に押され、姿を見る機会は減った。

生態
日本に移入された、あるいは侵入した種は、秋に芽生え、ロゼットで冬を越し、初夏から霜が降りる晩秋にかけての非常に長い期間花を咲かせ、秋に種を散らした後、冬には枯れる一年生植物(越年草)ばかりであるが、原産地には根茎を有する多年生の種もある。
草丈は種により異なり、チャボツキミソウのような高山植物では高さ10cm程度、低地産の O. stubbei では3mにまで成長する。
葉は開花軸に対して螺旋形に付き、鋸歯を持つか、または深く裂ける(羽状中裂)。
花は多くの種において黄色い四弁花で、どの種も雌しべの先端が4つに割れる特徴を有する。一日花であり、多くの種が夕刻に開花し夜間咲きつづけ、翌朝には萎む。これが「月見草」や「待宵草」の名の由来である。
種としてのマツヨイグサ
種としてのマツヨイグサ O. stricta はオオマツヨイグサ O. erythrosepala と似た環境に自生するので紛らわしいが、オオマツヨイグサに較べ丈が低く、葉が細いことから区別できる。
マツヨイグサ(待宵草)(英語:Small flowered Evening primrose)


アカバナ科マツヨイグサ属のマツヨイグサ(待宵草)(学名:Oenothera odorata、Oenothera stricta)は別名をヨイマチグサ(宵待草)、ツキミソウ(月見草、但し、別花)といいます。日本では待宵草と言った名前が付いており、チリ、アルゼンチンが原産地となっています。
花期は5~7月。同属で花期が夏のものにオオマツヨイグサ、メマツヨイグサがある。

マツヨイグサ(待宵草)
英語
Small flowered Evening primrose
学名
Oenothera odorata、Oenothera stricta
和名/漢字
待宵草
別名
ヨイマチグサ(宵待草)、ツキミソウ(月見草、但し、別花)
科属名
アカバナ科マツヨイグサ属
原産地
チリ、アルゼンチン
季節
春の季節
z11326.jpg


冬の海辺にて

ひとり凍てつく波に向かう
寂しい光と波の音
放浪の旅人には
この冬の海の輝きや
大きな波しぶきが
痛めた身骨と心を弄ぶ
哀れを癒す筈が
波の音に誘われ
過ぎし日々
我の憂愁の思いよ
たえざる寂しい日よ
なつかしい孤独になみだぐむ
その大きな波の音で

ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー詩集 中原中也訳 最初の聖体拝受


z10936.jpg



 最初の聖体拝受


     

それあもう愚劣なものだ、村の教会なぞといふものは
其処に可笑(をか)しな村童の十四五人、柱に垢をつけながら
神聖なお説教がぽつりぽつりと話されるのを聴いてゐる、
まこと奇妙な墨染の衣、その下では靴音がごそごそとしてゐる。
あゝそれなのに太陽は木々の葉越しに輝いてゐる、
不揃ひな焼絵玻璃やきゑがらすの古ぼけた色を透して輝いてゐる。

石は何時でも母なる大地を呼吸してゐる。
さかりがついて荘重に身顫ひをする野原の中には
泥に塗まみれた小石の堆積やまなぞ見受けるもので、
重つたるい麦畑の近く、赫土の小径の中には
焼きのまはつた小さな木々が立つてゐて、よくみれば青い実をつけ、
黒々とした桑の樹の瘤こぶや、怒気満々たる薔薇の木の瘤、

百年目毎に、例の美事な納屋々々は
水色か、クリーム色の野呂で以て塗換へられる。
ノートル・ダムや藁まみれの聖人像の近傍に
たとへ異様な聖物はごろごろし過ぎてゐようとも、
蠅は旅籠屋や牛小舎に結構な匂ひを漂はし
日の当つた床からは蝋を鱈腹詰め込むのだ。

子供は家に尽さなければならないことで、つまりその
凡々たる世話事や人を愚鈍にする底の仕事に励まにやならぬのだ。
彼等は皮膚がむづむづするのを忘れて戸外そとに出る、
皮膚にはキリストの司祭様が今し効験顕著あらたかな手をば按おかれたのだ。
彼等は司祭様には東屋の蔭濃き屋根を提供する
すると彼等は日焼けした額をば陽に晒させて貰へるといふわけだ。

最初はじめての黒衣よ、どらやきの美しく見ゆる日よ、
ナポレオンの形をしたのや小判の形をしたの
或ひは飾り立てられてジョゼフとマルトが
恋しさ余つて舌べろを出した絵のあるものや
――科学の御代にも似合ふさはしからうこれらの意匠――
これら僅かのものこそが最初の聖体拝受の思ひ出として彼等の胸に残るもの。

娘達は何時でもはしやいで教会に行く、
若い衆達から猥わいなこと囁かれるのをよいことに
若い衆達はミサの後、それとも愉快な日暮時、よく密会をするのです。
屯営部隊のハイカラ者なる彼等ときては、カフヱーで
勢力のある家々のこと、あしざまに云ひ散らし、
新しい作業服着て、恐ろしい歌を怒鳴るといふ始末。

扨、主任司祭様には子供達のため絵図を御撰定遊ばした。
主任司祭様の菜園に、かの日暮時、空気が遠くの方から
そこはかとなく舞踏曲に充ちてくる時、
主任司祭様には、神様の御禁戒にも拘らず
足の指がはしやぎだすのやふくらはぎがふくらむのをお感じになる……
――夜が来ると、黒い海賊船が金の御空に現れ出ます。

     

司祭様は郊外や豊かな町々の信者達の間から
名も知れぬ一人の少女を撰り出しなされた
その少女の眼は悲しげで、額は黄色い色をしてゐた。
その両親は親切な門番か何かのやうです。
聖体拝受のその日に、伝導(ママ)師の中でもお偉い神様は
この少女の額に聖水を、雪と降らしめ給ふであらう。

     

最初の聖体拝受の前日に、少女は病気になりました。
上等の教会の葬式の日の喧噪(けんさう)よりも甚だしく
はじめまづ悪寒が来ました、――寝床は味気なくもなかつた、
並なみならぬ悪寒は繰返し襲つて来ました、私は死にます……

恋の有頂天が少女の愚かな姉妹達を襲つた時のやうに、
少女は打萎れ両手を胸に置いたまゝ、熱心に
諸天使や諸所のエス様や聖母様を勘定しはじめました、
そして静かに、なんとも云へぬ喜びにうつとりするのでありました。

神様!……――羅典(ラテン)の末期にありましては、
緑の波形なみがたある空が朱あけ色の、
天の御胸みむねの血に染しみた人々の額を潤ほしました、
雪のやうな大きな麻布は、太陽の上に落ちかゝりました!――

現在の貞潔のため、将来の貞潔のために
少女はあなたの『容赦みゆるし』の爽々すがすがしさにむしやぶりついたのでございますが、
水中の百合よりもジャムよりももつと
あなたの容赦みゆるしは冷たいものでございました、おやシオンの女王様よ!

     ※[#「IIII」、82-1]

それからといふもの聖母ははや書物ほんの中の聖母でしかなかつた、
神秘な熱も時折衰へるのであつた……
退屈アンニユイや、どぎつい極彩色や年老いた森が飾り立てる
御容姿みすがたの数々も貧弱に見え出してくるのであつた、

どことなく穢(けが)らはしい貴重な品の数々も
貞純にして水色の少女の夢を破るのであつた、
又脱ぎ捨てられた聖衣の数々、
エス様が裸体をお包みなされたといふ下著をみては吃驚(びつくり)するのでありました。

それなのになほも彼女は願ふ、遣瀬なさの限りにゐて、
歔欷(すすりなき)に窪んだ枕に伏せて、而も彼女は
至高のお慈悲のみ光の消えざらんやう願ふのであつた
扨涎よだれが出ました……――夕闇は部屋に中庭に充ちてくる。

少女はもうどうしやうもない。身を動かし腰を伸ばして、
手で青いカーテンを開く、
涼しい空気を少しばかり敷布や
自分のお腹なかや熱い胸に入れようとして。

     

夜中目覚めて、窓はいやに白つぽかつた
灯火ひかりをうけたカーテンの青い睡気のその前に。
日曜日のあどけなさの幻影が彼女を捉へる
今の今迄真紅まつかな夢を見てゐたつけが、彼女は鼻血を出しました。

身の潔白を心に感じ身のか弱さを心に感じ
神様の温情みなさけをこころゆくまで味ははうとて、
心臓が、激昂たかぶつたりまた鎮まつたりする、夜を彼女は望んでゐました。
そのやさしい空の色をば心に想ひみながらも、

夜よる、触知しがたい聖なる母は、すべての若気を
灰色の沈黙しじまに浸してしまひます、
彼女は心が血を流し、声も立て得ぬ憤激が
捌はけ口見付ける強烈な夜よるを望んでゐたのです。

扨夜よるは、彼女を犠牲にへとしまた配偶となし、
その星は、燭火(あかり)手に持ち、見てました、
白い幽霊とも見える仕事着が干されてあつた中庭に
彼女が下り立ち、黒い妖怪おばけの屋根々々を取払ふのを。

     

彼女は彼女の聖い夜よるをば厠(かはや)の中で過ごしました。
燭火あかりの所、屋根の穴とも云ひつべき所に向けて
白い気体は流れてゐました、青銅色の果みをつけた野葡萄の木は
隣家となりの中庭にはのこつちをばこつそり通り抜けるのでした。

天窗は、ほのぼの明あかる火影あかりの核心
窓々の、硝子に空がひつそりと鍍金してゐる中庭の中
敷石は、アルカリ水の匂ひして
黒い睡気で一杯の壁の影をば甘んじて受けてゐるのでありました……

     

誰か恋のやつれや浅ましい恨みを口にするものぞ
また、潔い人をも汚すといふかの憎悪にくしみが
もたらす所為を云ふものぞ、おゝ穢らはしい狂人等、
折も折かの癩が、こんなやさしい肉体を啖くらはんとするその時に……

     

さて彼女に、ヒステリックな錯乱がまたも起つて来ますといふと
彼女は目まのあたり見るのです、幸福な悲愁の思ひに浸りつつ、
恋人が真つ白い無数のマリアを夢みてゐるのを、
愛の一夜の明け方に、いとも悲痛な面持おももちで。

御存じ? 妾あたしが貴方を亡くさせたのです。妾は貴方のお口を心を、
人の持つてるすべてのもの、えゝ、貴方のお持ちのすべてのものを
奪つたのでした。その妾は病気です、妾は寝かせて欲しいのです
夜よの水で水飼はれるといふ、死者達の間に、私は寝かせて欲しいのです

妾は稚わかかつたのです、キリスト様は妾の息吹をお汚しなすつた、
その時妾は憎悪にくしみが、咽喉のどまでこみあげましたのです!
貴方は妾の羊毛と、深い髪毛に接唇くちづけました、
妾はなさるがまゝになつてゐた……あゝ、行つて下さい、その方がよろしいのです、

男の方々かたがたは! 愛情こまやかな女といふものが
汚い恐怖おそれを感おぼえる時は、どんなにはぢしめられ、
どんなにいためられるものであるかにお気付きならない
又貴方への熱中のすべてが不品行あやまちであることにお気付きならない!

だつて妾の最初の聖体拝受は取行はれました。
妾は貴方の接唇くちづけを、お受けすることは出来ません、
妾の心と、貴方がお抱きの妾のからだは
エス様の腐つた接唇でうよ/\してます!

     

かくて敗れた魂と悲しみ悶える魂は
キリストよ、汝が呪詛の滔々と流れ流れるを感ずるのです、
――男等は、汝が不可侵の『憎悪』の上に停滞とどまつてゐた、
死の準備のためにとて、真正な情熱を逃れることにより、

キリストよ! 汝永遠の精力の掠奪者、
父なる神は二千年もの間、汝が蒼白さに捧げしめ給うたといふわけか
恥と頭痛で地に縛られて、
動顛したる、女等のいと悲しげな額をば。



今日の花便り 「ハナニラ」再編集

z11312.jpg
何かこの花が見たくなった日です。

花韮Spring starflower

和名の「花韮(ハナニラ)」は、葉にニラ臭があることにちなむ。なお、食用のニラは別属(ネギ属)だから間違えないで。英語では「Spring starflower(春の星形の花)」と呼ばれている。

ハナニラの花言葉
花言葉の「悲しい別れ」は、憂いを秘めたような青みを帯びた白い花色が、どこか物悲しい印象を与えることに由来するといわれている。

「悲しい別れ」
z11313.jpg



ハナニラ誕生花

3月26日



旬の季節: 春
開花時期: 3月~5月



科・属名: ヒガンバナ科ハナニラ属
学名: Ipheion uniflorum
和名: 花韮(ハナニラ)
別名: アイフェイオン、イエイオン、セイヨウアマナ(西洋甘菜)
英名: Spring starflower
原産地: アルゼンチン、ウルグアイ
z10198.jpg
心配しないで わたしにはあなたの思い出があるから 心配しないで わたしは本当にもう大丈夫 ひとりになっても強く生きるって約束したから だからあなたが出て行くまでの もう少しあなたの胸で泣かせて


突然僕にはわかったのだ

僕は待っていたのだ
その古めかしい小さないすの上で
僕は待っていたのだ
その窓の死の平和のなかで

どれほど待てばよいのか
僕はかつてたれにきいたこともなかった
どれほど待っても無駄だと
僕はかつて疑ってみたこともなかった
突然僕にはわかったのだ
そこで僕が待っていたのだということが
そこで僕が何を待っていたのかということが
何もかもいっぺんにわかってきたのだった

けしに吹くかすかな風や
煙突の上の雲や
雨のなかに消えてゆく足音や
恥多い僕の生涯や

何もかもいっぺんにわかったとき
そこにあなたがいたのだった
パリの少年のように気難しい顔をして
僕の左の肩に手を置いて


「今日の仮面女子特別編 雪乃しほりミニ特集」9月23日更新分

z11306.jpg
プロフィール. 生年月日:1991.01.25(26). 生年月日:1991年1月25日血液型:A型出身地:埼玉県身長/体重:165cm/49kg スリーサイズ:E85•W 50•H 60 靴のサイズ:24cm 視力:コンタクトは、-3.75! 趣味:アニメ•漫画•コスプレ•ヒトカラってゆう1人行動が多い!

素晴らしい脚線美です!けなす所が見つかりません!
z11308.jpg
z11307.jpg
z11305.jpg
z11304.jpg
z11303.jpg
z11298.jpg
z11299.jpg
z11309.jpg
これだけの体型を維持するのは並の努力ではないと思います。普段より節制してる賜物でしょう
プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR