KAWASAKI 900 SUPER FOUR Z1の本当の姿「Z列伝」


これはリアフェンダーが長くてリフレクターの色からヨーロッパ仕様のZ1だ。
これが一番カッコいいと俺は思うのだがこの4本マフラーを外して集合マフラーにする人が多いけど本来のこの姿やエキゾーストノートのすばらしさを思い出して欲しい、俺もいつかは是非戻したいね
「タイムスリップ」
この単車を新車で乗ることの出来た世代は今の年齢で言えば58歳位、当時は1万円の価値も今とは比べものにならない位高い時代だった。
z4015.jpg
Z1のスケールダウン版750RSのカタログで車体価格41万8000円+諸費用
1973年当時の大卒初任給が6万2300円だから物凄い高い買い物だったんだよ。
z3960.jpg
これはフルオリジナルコンディションの「相棒」HONDA CB750 FOUR(K-1)1969年製で当時の車体価格は37万5000円+諸費用、Zは当時ベストセラー単車だったこのCBに売上で対抗すべく開発された単車だからこれと切り離してはZの歴史は語れない。
Z列伝でした、今日はこの辺で終り!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR