「聖人の祝日!本当はこのキリスト教行事です」ハロウィン、万聖節の前夜祭

z7801.jpg


古代ヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされている。ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いた。

これに因み、31日の夜、南瓜をくり貫いて作ったジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)に蝋燭を立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。
以上引用

「キリスト教徒以外の大人が仮装してパーティーをしたり練り歩いたり等をしても良い」
だから信者である私は「聖人の御霊を念入りに祈る」のみで仮装もパーティーもしません。信者らしく質素に今日明日はお祈りを捧げたいです、但し仕事はしますよ。
ちなみにキリスト教における聖人は沢山いらっしゃいます、もちろん聖母マリア様もそのひとりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR