ロシア軍機撃墜:2回領空侵犯 撃墜前、トルコ計21回警告 NATO分析


ロシア軍機撃墜:2回領空侵犯 撃墜前、トルコ計21回警告 NATO分析

毎日新聞 2015年11月28日 東京夕刊

z7977.png

トルコ、ロシアそれぞれが主張する飛行ルートと墜落現場


 【ブリュッセル斎藤義彦】トルコ・シリア国境付近で24日にトルコ軍機に撃墜されたロシア軍機が、2回連続してトルコ領空を侵犯していたことが分かった。トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)の外交筋が、レーダーの航路分析で判明したと毎日新聞に明らかにした。ロシア側は「警告はなく、シリア上空で撃墜された」と主張しているが、根拠が揺らぐことになる。

 外交筋によると、ロシアの戦闘爆撃機2機は24日午前9時22分(日本時間午後4時22分)ごろ、トルコ南部の領空に侵入。旋回して同9時24分、再び領空内に2・52〜2・13キロ入り込み、17秒間侵犯した。

 トルコ軍は1回目の領空侵犯時に11回、2回目に10回、計21回警告した後、これを無視して領空にとどまった1機をミサイルで撃墜した。この戦闘爆撃機は飛行を続け、シリア領内に墜落した。

 同筋によると、ロシア軍機は10月3、4両日にもシリア側からトルコ領空を侵犯。トルコ政府はロシア側に再三にわたり「次の領空侵犯は容認できない」と警告していた。10月15日にはロシア空軍幹部がアンカラでトルコ軍幹部と会談し、再発防止を約束していたという。

 トルコ軍は2012年6月、地中海上空で偵察機がシリア軍機に撃墜されて以降、領空侵犯があれば撃墜する方針を取っていた。今回のロシア機の撃墜では「原則に従った」という。

 ◇トルコ防空強化、NATO合意へ

 外交筋は、12月1日から開かれるNATO外相会議が、トルコの防空能力強化やミサイル防衛などを柱にした「支援・保障パッケージ」で合意することも明らかにした。

 過激派組織「イスラム国」(IS)の脅威に対抗するため、今年8月から検討されていたが、ロシアに対する加盟国の防衛もにらんで決定する。

 NATOはシリア内戦の脅威に対抗するため、地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)を12年からシリア国境沿いのトルコに配備している。トルコ側は配備に「期限を設けない」よう求めており、来年初めに事実上終了する予定だった配備期間が延長される可能性がある。


やはり遺恨絡みと推察する!領空侵犯したのは確か!しかし墜落したのはシリア!どちらにも非があると思うよ。まあロシア人は信用してはいけないしトルコという国も国民全てが親日ではないことは御存じであろう、皆様におかれてはトルコだから親日という考えはどうか一度頭から排除して頂きたい。この事件ではっきり言って露土戦争の再発を考える人もあるだろうけど今の両国の経済力他を総合的に判断すればそんな財力はないと思われる。ちなみにプーチン大統領は領空侵犯を認めないだろうね、何故なら「断固抗議して謝罪を要求する」強硬姿勢を堅持していれば確実に国民の支持率は上がる!だれだって「へたれ」な国家元首を支持したりしないからである。当然プーチン大統領にも事実は耳には入っている筈だから単なる人気取りの政治的パフォーマンスと見るよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR