EVGENY KISSIN plays CHOPIN Waltz Op.64 n.2



ワルツ第7番嬰ハ短調作品64-2
ショパン生前最後の作品のひとつです。
このショパンのワルツはシューマンに「もしワルツに合わせて踊るのであればその相手は貴婦人でなければならない」と評されている。ショパンの作品の中では比較的演奏が平易であることから、愛好者も多い。
いやいや感情移入は滅茶滅茶難しいですが唯弾くだけなら私でも何とか弾けます。

テンポ・ジュスト、4分の3拍子。変則的なロンド形式または複合三部形式
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR