English Bible

Genesis
25

1 Abraham took another wife, and her name was Keturah. 2 She bore him Zimran, Jokshan, Medan, Midian, Ishbak, and Shuah. 3 Jokshan became the father of Sheba, and Dedan. The sons of Dedan were Asshurim, Letushim, and Leummim. 4 The sons of Midian were Ephah, Epher, Hanoch, Abida, and Eldaah. All these were the children of Keturah. 5 Abraham gave all that he had to Isaac, 6 but Abraham gave gifts to the sons of Abraham’s concubines. While he still lived, he sent them away from Isaac his son, eastward, to the east country. 7 These are the days of the years of Abraham’s life which he lived: one hundred seventy-five years. 8 Abraham gave up his spirit, and died at a good old age, an old man, and full of years, and was gathered to his people. 9 Isaac and Ishmael, his sons, buried him in the cave of Machpelah, in the field of Ephron, the son of Zohar the Hittite, which is near Mamre, 10 the field which Abraham purchased from the children of Heth. Abraham was buried there with Sarah, his wife. 11 After the death of Abraham, God blessed Isaac, his son. Isaac lived by Beer Lahai Roi.

12 Now this is the history of the generations of Ishmael, Abraham’s son, whom Hagar the Egyptian, Sarah’s servant, bore to Abraham. 13 These are the names of the sons of Ishmael, by their names, according to the order of their birth: the firstborn of Ishmael, Nebaioth, then Kedar, Adbeel, Mibsam, 14 Mishma, Dumah, Massa, 15 Hadad, Tema, Jetur, Naphish, and Kedemah. 16 These are the sons of Ishmael, and these are their names, by their villages, and by their encampments: twelve princes, according to their nations. 17 These are the years of the life of Ishmael: one hundred thirty-seven years. He gave up his spirit and died, and was gathered to his people. 18 They lived from Havilah to Shur that is before Egypt, as you go toward Assyria. He lived opposite all his relatives.

19 This is the history of the generations of Isaac, Abraham’s son. Abraham became the father of Isaac. 20 Isaac was forty years old when he took Rebekah, the daughter of Bethuel the Syrian of Paddan Aram, the sister of Laban the Syrian, to be his wife. 21 Isaac entreated Yahweh for his wife, because she was barren. Yahweh was entreated by him, and Rebekah his wife conceived. 22 The children struggled together within her. She said, “If it is like this, why do I live?” She went to inquire of Yahweh. 23 Yahweh said to her,

“Two nations are in your womb.

Two peoples will be separated from your body.

The one people will be stronger than the other people.

The elder will serve the younger.”

24 When her days to be delivered were fulfilled, behold, there were twins in her womb. 25 The first came out red all over, like a hairy garment. They named him Esau. 26 After that, his brother came out, and his hand had hold on Esau’s heel. He was named Jacob. Isaac was sixty years old when she bore them.

27 The boys grew. Esau was a skillful hunter, a man of the field. Jacob was a quiet man, living in tents. 28 Now Isaac loved Esau, because he ate his venison. Rebekah loved Jacob. 29 Jacob boiled stew. Esau came in from the field, and he was famished. 30 Esau said to Jacob, “Please feed me with some of that red stew, for I am famished.” Therefore his name was called Edom.*

31 Jacob said, “First, sell me your birthright.”

32 Esau said, “Behold, I am about to die. What good is the birthright to me?”

33 Jacob said, “Swear to me first.”

He swore to him. He sold his birthright to Jacob. 34 Jacob gave Esau bread and lentil stew. He ate and drank, rose up, and went his way. So Esau despised his birthright.

創世記
第25章
25:1アブラハムは再び妻をめとった。名をケトラという。 25:2彼女はジムラン、ヨクシャン、メダン、ミデアン、イシバクおよびシュワを産んだ。 25:3ヨクシャンの子はシバとデダン。デダンの子孫はアシュリびと、レトシびと、レウミびとである。 25:4ミデアンの子孫はエパ、エペル、ヘノク、アビダ、エルダアであって、これらは皆ケトラの子孫であった。 25:5アブラハムはその所有をことごとくイサクに与えた。 25:6またそのそばめたちの子らにもアブラハムは物を与え、なお生きている間に彼らをその子イサクから離して、東の方、東の国に移らせた。

25:7アブラハムの生きながらえた年は百七十五年である。 25:8アブラハムは高齢に達し、老人となり、年が満ちて息絶え、死んでその民に加えられた。 25:9その子イサクとイシマエルは彼をヘテびとゾハルの子エフロンの畑にあるマクペラのほら穴に葬った。これはマムレの向かいにあり、 25:10アブラハムがヘテの人々から、買い取った畑であって、そこにアブラハムとその妻サラが葬られた。 25:11アブラハムが死んだ後、神はその子イサクを祝福された。イサクはベエル・ラハイ・ロイのほとりに住んだ。

25:12サラのつかえめエジプトびとハガルがアブラハムに産んだアブラハムの子イシマエルの系図は次のとおりである。 25:13イシマエルの子らの名を世代にしたがって、その名をいえば次のとおりである。すなわちイシマエルの長子はネバヨテ、次はケダル、アデビエル、ミブサム、 25:14ミシマ、ドマ、マッサ、 25:15ハダデ、テマ、エトル、ネフシ、ケデマ。 25:16これはイシマエルの子らであり、村と宿営とによる名であって、その氏族による十二人の君たちである。 25:17イシマエルのよわいは百三十七年である。彼は息絶えて死に、その民に加えられた。 25:18イシマエルの子らはハビラからエジプトの東、シュルまでの間に住んで、アシュルに及んだ。イシマエルはすべての兄弟の東に住んだ。

25:19アブラハムの子イサクの系図は次のとおりである。アブラハムの子はイサクであって、 25:20イサクは四十歳の時、パダンアラムのアラムびとベトエルの娘で、アラムびとラバンの妹リベカを妻にめとった。 25:21イサクは妻が子を産まなかったので、妻のために主に祈り願った。主はその願いを聞かれ、妻リベカはみごもった。 25:22ところがその子らが胎内で押し合ったので、リベカは言った、「こんなことでは、わたしはどうなるでしょう」。彼女は行って主に尋ねた。 25:23主は彼女に言われた、
「二つの国民があなたの胎内にあり、
二つの民があなたの腹から別れて出る。
一つの民は他の民よりも強く、
兄は弟に仕えるであろう」。
25:24彼女の出産の日がきたとき、胎内にはふたごがあった。 25:25さきに出たのは赤くて全身毛ごろものようであった。それで名をエサウと名づけた。 25:26その後に弟が出た。その手はエサウのかかとをつかんでいた。それで名をヤコブと名づけた。リベカが彼らを産んだ時、イサクは六十歳であった。
25:27さてその子らは成長し、エサウは巧みな狩猟者となり、野の人となったが、ヤコブは穏やかな人で、天幕に住んでいた。 25:28イサクは、しかの肉が好きだったので、エサウを愛したが、リベカはヤコブを愛した。

25:29ある日ヤコブが、あつものを煮ていた時、エサウは飢え疲れて野から帰ってきた。 25:30エサウはヤコブに言った、「わたしは飢え疲れた。お願いだ。赤いもの、その赤いものをわたしに食べさせてくれ」。彼が名をエドムと呼ばれたのはこのためである。 25:31ヤコブは言った、「まずあなたの長子の特権をわたしに売りなさい」。 25:32エサウは言った、「わたしは死にそうだ。長子の特権などわたしに何になろう」。 25:33ヤコブはまた言った、「まずわたしに誓いなさい」。彼は誓って長子の特権をヤコブに売った。 25:34そこでヤコブはパンとレンズ豆のあつものとをエサウに与えたので、彼は飲み食いして、立ち去った。このようにしてエサウは長子の特権を軽んじた。

道・真理・命を求めて

私は道であると語られた主イエスよ
今、私たちに行くべき道を示してください
私は真理であると語られた主イエスよ
今、私たちに知るべき真理を示してください
私は命であると語られた主イエスよ
今、私たちに真の命を示してください
あなたの愛のゆえにお願いいたします
アーメン
主に喜ばれる心を

神よ、人生を不幸に陥れるものから
私を遠ざけて下さい。
いつも欠点ばかり探しているまなざし
いつも不平の種ばかり探している舌
いつも不平や意地悪を育てている心から
私を遠ざけて下さい。
与えられたものを喜ばず、
無いものねだりをするひねくれた心
多くのものを与えられつつも
それに気付かず感謝しない心
絶えず人を恨んで生きている生活態度から
私たちを遠ざけて下さい。
静かな落ち着いた心で物事に対することがで
き、ユーモアのセンスをもって
いつも微笑みを絶やすことがなく、
感謝の心を何事にも忘れない
明るく快活な心をお与え下さい。
人生を楽しみ、また人々ともに楽しむこと
ができる心をお与え下さい。


イエス様のお姿
実は聖書にはイエス様のお姿に関する記述はございませんので宗教上の都合などでいろいろなお姿が時代で描かれてますがどれが正しいかということはまだ分かりません!

z9418.jpg
一般的なイエス様ですが全世界を支配する天上の存在、オリンポス山の玉座に君臨するゼウス像によく似た長いひげと長髪姿です

z9419.jpg
2001年のBBCドキュメンタリー「神の子」では、法医学人類学者リチャード・ニーブ氏がガリラヤ地方の男性の顔を、実際に同地方で発見された頭蓋骨をもとに再現したCGです

信仰の対象が美男子で権力の象徴である必要はないですがいかつい顔よりも美しい顔の方が愛されます。聖者の皆様も美しい顔で描かれる事が多いことから考えると布教の為かも知れませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR