F-35Bを運用するには早期警戒機も必要不可欠



これが海自が運用する際の重大なネックです!
Fー35Bを運用するにあたっての問題は艦隊防空用の早期警戒機です。
F-35Bにもレーダーがついていますがミサイル発射用の火器管制レーダーで全周捜索能力が欠落してます。
対空の基本は敵航空機を発見して航空機又はミサイルを指向することが重要ですが、現状では目標捜索しているのは艦船のレーダー覆域内又は我が国周辺の空自レーダーの覆域内に限定されます。艦船レーダー覆域内なら艦対空ミサイルで充分なんで、F-35Bを調達する必要などありません。空自レーダー覆域内なら防空は空自担当になりますので、尚更調達の必要はなくなります。
仮にインド洋みたいな空自レーダー覆域外に展開する海自艦艇をF-35Bで艦隊防空させるなら、艦船レーダーや艦対空ミサイルの射程圏外の遠距離を担当となりますが、全周捜索能力が欠落しているため、早期警戒機が必要となります。但しこの機体はカタパルトがないと護衛艦から離陸できませんし着艦時もアレスティングワイヤーが必要になるのです!

蒸気カタパルトは高圧で動力に原子力が必要!電磁カタパルトはアメリカがやっと運用のメドが立ったばかりで日本の技術だけで果たして出来るか疑問なのが現状です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR