All-hallow Evening(Halloween)


z9809.jpg
私には諸聖人の日です、出入り自由の教会で聖母マリア様他諸聖人に今まで無事に生きて来られたお礼と感謝の祈りを捧げて来ます

教会暦では日没から翌日日没までを一日と数える。したがって10月31日の夜は、教会暦においては「11月1日の始まりとしての夜」になる。カトリック教会では11月1日を「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)としているが、英語の「ハロウィン」は「諸聖人の日(万聖節)の夜」を意味する "All-hallow Evening" の短縮形をその語源としており、現在確認されている使用例は、16世紀にみられるものが最古である。またケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。スコットランドではカブの一種ルタバガを用いる。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. 「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいとされていた。以上引用


もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが
z9808.jpg
だから~~!意味も分からんでただ仮装してバカ騒ぎしてる連中の為のイベントの日じゃねえんだよ!君達がもう少し神や神の教えを苦心して伝えようとした諸聖人に敬意を払って感謝の祈りを捧げていれば最と世界の未来は明るかったと知れ!少しは悔い改めよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR