海潮音 上田敏訳

z9821.jpg

 
燕の歌


ガブリエレ・ダンヌンチオ

  弥生ついたち、はつ燕、
 
 海のあなたの静けき国の
 
 便もてきぬ、うれしき文を。

 春のはつ花、にほひを尋むる
 
 あゝ、よろこびのつばくらめ。
           
 黒と白との染分縞は
 
 春の心に舞姿。
 
  弥生来にけり、如月は
 
 風もろともに、けふ去りぬ。

   栗鼠の毛衣脱ぎすてて、

   綸子羽ぶたえ今様に、
 
 春の川瀬をかちわたり、
 
 しなだるゝ枝の森わけて、
                 
 舞ひつ、歌ひつ、足速の
 
 恋慕の人ぞむれ遊ぶ。

 岡に摘む花、菫ぐさ、
 
 草は香りぬ、君ゆゑに、
 
 素足の「春」の君ゆゑに。
 
 けふ野山に新妻の姿に通ひ、
                     
 わだつみの波は輝く阿古屋珠。
       
 あれ、藪陰の黒鶫、
            
 あれ、なか空に揚雲雀、
 
 つれなき風は吹きすぎて、

 旧巣啣へて飛び去りぬ。
 
 あゝ、南国のぬれつばめ、

 尾羽は矢羽根よ、鳴く音は弦を
 
 「春」のひくおと「春」の手の。
 
 あゝ、よろこびの美鳥よ、

 黒と白との水干に、
 
 舞の足どり教へよと、
 
 しばし沼がむ、つばくらめ。

 たぐひもあらぬ麗人の
 
 イソルダ姫の物語、
            
 飾り画けるこの殿に
 
 しばしはあれよ、つばくらめ。
 
 かづけの花還こゝにあり、
 
 ひとやにはあらぬ花籠を
 
 給ふあえかの姫君は、
 
 フランチェスカの前ならで、

 まことは「春」のめがみ大神。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR