海潮音 上田敏訳 ルコント・ドゥ・リイル



z9857.jpg

真昼      

「夏」の帝の「真昼時」は、大野が原に広ごりて、
白銀色の布引に、青天くだし天降しぬ。
寂たるよもの光景かな。耀く虚空、風絶えて、
炎のころも纒ひたる地の熟睡の静心。
 
眼路渺茫として極無く、樹蔭も見えぬ大野らや、
牧の畜の水かひ場、泉は涸れて音も無し。
野末遥けき森蔭は、裾の界の線黒み、
不動の姿夢重く、寂寞として眠りたり。
 
唯熟したる麦の田は黄金海と連なりて、
かぎりも波の揺蕩に、眠るも鈍と嘲みがほ、
聖なる地の安らけき児等の姿を見よやとて、
畏れ憚るけしき無く、日の觴を嚥み干しぬ。
 
また、邂逅に吐息なす心の熱の穂に出でて、
囁声のそこはかと、鬚長穎の胸のうへ、
覚めたる波の揺動や、うねりも貴におほどかに
起きてまた伏す行末は沙たち迷ふ雲のはて。
 
程遠からぬ青草の牧に伏したる白牛が、
肉置厚き喉袋、涎に濡らす慵げさ、
妙に気高き眼差も、世の煩累に倦みしごと、
終に見果てぬ内心の夢の衢に迷ふらむ。
 
人よ、爾の心中を、喜怒哀楽に乱されて、
光明道の此原の真昼を孤り過ぎゆかば、
逃れよ、こゝに万物は、凡て虚ぞ、日は焼かむ。
ものみな、こゝに命無く、悦も無し、はた憂無し。
 
されど涙や笑声の惑を脱し、萬象の
流転の相を忘ぜむと、心の渇いと切に、
現身の世を赦しえず、はた咀ひえぬ観念の
眼放ちて、幽遠の大歓楽を念じなば、
 
来れ、此地の天日にこよなき法の言葉あり、
親み難き炎上の無間に沈め、なが思、
かくての後は、濁世の都をさして行くもよし、
物の七たび涅槃に浸りて澄みし心もて。
 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR