海潮音 上田敏訳 ルコント・ドゥ・リイル



z9859.jpg


 
沙漠は丹の色にして、波漫々たるわだつみの
音しづまりて、日に燬けて、熟睡の床に伏す如く、
不動のうねり、大らかに、ゆくらゆくらに伝らむ、
人住むあたり銅の雲たち籠むる眼路のすゑ。
 
命も音も絶えて無し。餌に飽きたる唐獅子も、
百里の遠き洞窟の奥にや今は眠るらむ。
また岩清水迸る長沙の央、青葉かげ、
豹も来て飲む椰子森は、麒麟が常の水かひ場。
 
大日輪の走せ廻る気重き虚空鞭うつて、
羽掻の音の声高き一鳥遂に飛びも来ず。
たまたま見たり、蟒蛇の夢も熱きか円寝して、
とぐろの綱を動かせば、鱗の光まばゆきを。
 
一天霽れて、そが下に、かゝる炎の野はあれど、
物鬱として、寂寥のきはみを尽すをりしもあれ、
皺だむ象の一群よ、太しき脚の練足に、
うまれの里の野を捨てて、大沙原を横に行く。
 
地平のあたり、一団の褐色なLて、列なめて、
みれば砂塵を蹴立てつゝ、路無き原を直道に、
ゆくてのさきの障碍を、もどかしとてや、力足、
踏鞴しこふむ勢に、遠の砂山崩れたり。
 
導にたてる年嵩のてだれの象の全身は
「時」が噛みてし、刻みてし老樹の幹のごと、ひわれ
巨巌の如き大頭、脊骨の弓の太しきも、
何の苦も無く、自から、滑らかにこそ動くなれ。
 
歩遅むることもなく、急ぎもせずに悠然と、
塵にまみれし群象をめあての国に導けば、
沙の畦くろ、穴に穿ち、続いて歩むともがらは、
雲突く修験山伏か、先達の蹤踏んでゆく。
 
耳は扇とかざしたり、鼻は象牙に介みたり、
半眼にして辿りゆく、その胴腹の波だちに、
息のほてりや、汗のほけ、烟となつて散乱し、
幾千万の昆虫が、うなりて集ふ餌食かな。
 
饑渇の攻や、貪婪の羽虫の群もなにがあらむ、
黒皺皮の満身の膚をこがす炎暑をや。
かの故里をがしまだち、ひとへに夢む、道遠き
眼路のあなたに生ひ茂る無花果の森、象の邦。
 
また忍ぶかな、高山の奥より落つる長水に
巨大の河馬の嘯きて、波涛たぎつる河の瀬を、
あるは月夜の清光に白みしからだ、うちのばし、
水かふ岸の葦蘆を踏み砕きてや、降りたつを。
 
かゝる勇猛沈勇の心をきめて、さすかたや、
涯も知らぬ遠のすゑ、黒線とほくかすれゆけば、
大沙原は今さらに不動のけはひ、神寂びぬ、
身動迂き旅人の雲のはたてに消ゆる時。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR