海潮音 上田敏訳 ルコント・ドゥ・リイル


z9861.jpg
大飢餓
 
夢円なる滄溟、涛の巻曲の揺蕩に
夜天の星の影見えて、小島の群と輝きぬ。
紫磨黄金の良夜は、寂寞としてまた幽に、
奇しき畏の満ちわたる海と空との原の上。
 
無辺の天や無量海、底ひも知らぬ深淵は
憂愁の国、寂光上、また譬ふべし、耀郷。
墳塋にして、はた伽藍、赫灼として幽遠の
大荒原の縦横を、あら、万眼の魚鱗や。
 
青空かくも荘厳に、大水更に神寂びて、
大光明の遍照に、宏大無辺界中に、
うつらうつらの夢枕、煩悩界の諸苦患も、
こゝに通はぬその夢の限も知らず大いなる。
 
かゝりし程に、粗膚の蓬起皮のしなやかに
飢にや狂ふ、おどろしき深海底のわたり魚、
あふさきるさの徘徊に、身の鬱憂を紛れむと、
南蟹鉄の腮をぞ、くわつとばかりに開いたる。
 
素より無辺天空を仰ぐにはあらぬ魚の身の、
参の宿みつ星や、三角星や、天蝎宮
無限に曳ける光亡のゆくてに思馳するなく、
北斗星前、横はる大熊星もなにかあらむ。
 
唯ひとすぢに、生肉を噛まむ、砕かむ、割かばやと、
常の心は、朱に染み、血の気に欲を湛へつゝ、
影暗うして水重き潮の荒原を、
曇れる眼きらめかし、惨として遅々たりや。
 
こゝ虚なる無声境、浮べる物や、泳ぐもの、
生たる物も、死したるも、此空漠の荒野には、
音信も無し、影も無し、たゞ水先の小判鮫、
真黒の鰭のひたうへに、沈々として眠るのみ。
 
行きね、妖怪、なれが身も人間道に異らず、
醜悪、獰猛、暴戻のたえて異るふしも無し。
心安かれ、鱶ざめよ、明日や食らはむ人間を、
又さはいへど、汝が身も、明日や食はれむ、人間に。
 
聖なる飢は正法の永くつゞける殺生業、
かげ深海も光明の天つみそらもけぢめなし。
それ人間も、鱶鮫も、残害の徒も、餌食等も、
見よ、死の神の前にして、二つながらに罪ぞ無き。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR