海潮音 上田敏訳 ホセ.マリヤ.デ.エレディヤ



珊瑚礁    ホセ・マリヤ・デ・エレディヤ

波の底にも照る日影、神寂にたる曙の
照しの光、亜比西尼亜、珊瑚の森にほの紅く、
ぬれにぞぬれし深海の谷隈の奥に透入ば、
輝きにほふ虫のから、命にみつる珠の華。

沃度に、塩にさ丹にづらふ海の宝のもろもろは
濡髪長き海藻や、珊瑚、海胆、苔までも、
臙脂紫あかあかと、華奢のきはみの絵模様に、
薄色ねびしみどり石、蝕む底ぞ被ひたる。

鱗の光のきらめきに白琺瑯を曇らせて、
枝より枝を横ざまに、何を尋たづぬる一大魚、
光透入る水かげに慵なりや、もとほりぬ。

忽ち紅火飄る思の色の鰭、
藍を湛へし静寂のかげ、ほのぐらき清海波、
水揺く揺曳は黄金、真珠、青玉の色。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR