海潮音 上田敏訳 シャルル・ボドレエル

z9936.jpg

信天翁 シャルル・ボドレエル

 
波路遥けき徒然の慰草と船人は、
八重の潮路の海鳥の沖の太夫を生擒りぬ。
楫の枕のよき友よ、心閑けき飛鳥かな、
奥津潮騒すべりゆく舷近くむれ集ふ。
 
たゞ甲板に据ゑぬれば、げにや笑止の極なる。
この青雲の帝王も、足どりふらゝ、拙くも、
あはれ、真白き双翼は、たゞ徒らに広ごりて、
今は身の仇、益も無き二つの櫂と曳きぬらむ。
 
天飛ぶ鳥も、降りては、やつれ醜き瘠姿、
昨日の羽根のたかぶりも、今はた鈍に痛はしく、
煙管に嘴をつゝかれて、心無には嘲られ、
しどろの足を摸されて、飛行の空に憧るゝ。
 
雲居の君のこのさまよ、世の歌人に似たらずや、
暴風雨を笑ひ、風凌ぎ、猟男の弓をあざみしも、
地の下界にやらはれて、勢子の叫に煩へば、
太しき双の羽根さへも起居妨ぐ足まとひ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR