海潮音 上田敏訳 シャルル・ボドレエル


z9959.jpg

破鐘 シャルル・ボドレエル

 
悲しくもまたあはれなり、冬の夜の地炉の下に、
燃えあがり、燃え尽きにたる柴の火に耳傾けて、
夜霧だつ闇夜の空の寺の鐘、きゝつゝあれば、
過ぎし日のそこはかとなき物思やをら浮びぬ。
 
喉太の古鐘きけば、その身こそうらやましけれ。
老らくの齢にもめげず、健やかに忠なる声の、
何時もいつも、梵音妙に深くして、隠どかなるは、
陣営の歩哨にたてる老兵の姿に似たり。
 
そも、われは心破れぬ。鬱憂のすさびごこちに、
寒空の夜に響けと、いとせめて鳴りよそふとも、
覚束な、音にこそたてれ、弱声の細音も哀れ、
 
哀れなる臨終の声は、血の波の湖の岸、
小山なす屍の下に、身動もえならで死する、
棄てられし負傷の兵の息絶ゆる終の呻吟か。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR