海潮音 上田敏訳 ポオル・ヹルレエヌ


z10058.jpg

よくみるゆめ ポオル・ヹルレエヌ

常によく見る夢乍ら、奇やし、懐かし、身にぞ染む。
曾ても知らぬ女なれど、思はれ、思ふかの女よ。
夢見る度のいつもいつも、同じと見れば異りて、
また異らぬおもひびと、わが心根や悟りてし。
 
わが心根を悟りてしかの女の眼に胸のうち、
噫、彼女にのみ内証の秘めたる事ぞ無かりける。
蒼ざめ顔のわが額、しとゞの汗を拭ひ去り、
涼しくなさむ術あるは、玉の涙のかのひとよ。
 
栗色髪のひとなるか、赤髪のひとか、金髪か、
名をだに知らね、唯思ふ朗ら細音のうまし名は、
うつせみの世を疾く去りし昔の人の呼名かと。
 
つくづく見入る眼差は、匠が彫りし像の眼か、
澄みて、離れて、落居たる其音声の清しさに、
無言の声の懐かしき恋しき節の鳴り響く。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR