海潮音 上田敏訳  ヴィクトル・ユウゴオ

z10072.jpg


良心 ヴィクトル・ユウゴオ


革衣纒へる児等を引具して
髪おどろ色蒼ざめて、降る雨を、
エホバよりカインは離り迷ひいで、
夕闇の落つるがまゝに愁然と、
大原の山の麓にたどりつきぬ。
妻は倦み児等も疲れて、諸声に
「地に伏していざ、いのねむ」と語りけり。
山陰にカインはいねず、夢おぼろ、
烏羽玉の暗夜の空を仰ぎみれば、
広大の天眼くわつと、かしこくも、
物陰の奥より、ひしと、みいりたるに、
わなゝきて「未だ近し」と叫びつゝ、
倦みし妻、眠れる児等を促して、
もくねんと、ゆくへも知らに逃れゆく。
かゝなべて、日には三十日、夜は三十夜、
色変へて、風の音にもをのゝきぬ。
やらはれの、伏眼の旅は果もなし。
眠なく休ひもえせで、はろばろと、
後の世のアシュルの国、海のほとり、
荒磯にこそはつきにけれ。「いざ、こゝに
とゞまらむ。この世のはてに今ぞ来し、
いざ」と、いへば、陰雲暗きめぢのあなた、
いつもいつも、天眼ひしと睨みたり。
おそれみに身も世もあらず、戦きて、
「隠せよ」と叫ぶ一声。児等はたゞ
猛き親を口に指あて眺めたり。
沙漠の地、毛織の幕に住居する
後の世のうからのみおやヤバルにぞ
「このかたに幕ひろげよ」と命ずれば、
ひるがへる布の高壁めぐらして
鉛もて地に固むるに、金髪の
孫むすめ曙のチラは語りぬ、
「かくすれば、はや何も見給ふまじ」と。
「否なほも眼、睨む」とカインいふ。
角を吹き鼓をうちて、城のうちを
ゆきめぐる民草のおやユバルいふ、
「おのれ今固き守や設けむ」と。
銅の壁築き上げて父の身を、
そがなかに隠しぬれども、如何にせむ、
「いつもいつも眼、睨む」といらへあり。
「恐しき塔をめぐらし、近よりの
難きやうにすべし。砦守る城築きあげて、
その邑を固くもらむ」と、エノクいふ。
鍛冶の祖トバルカインは、いそしみて、
宏大の無辺都城を営むに、
同胞は、セツの児等、エノスの児等を、
野辺かけて狩り暮しつゝ、ある時は
旅人の眼をくりて、夕されば
星天に征矢を放ちぬ。これよりぞ、
花崗石、帳に代り、くろがねを
石にくみ、城の形、冥府に似たる
塔影は野を暗うして、その壁ぞ
山のごと厚くなりける。工成りて
戸を固め、壁建て終り、大城戸に
刻める文字を眺むれば、「このうちに
神はゆめ入る可からず」とゑりにたり。
さて親は石殿に住はせたれど、
憂愁のやつれ姿ぞいぢらしき。
「おほぢ君、眼は消えしや」と、チラの問へば、
「否、そこに今もなほ在り」と、カインいふ。
「墳瑩に寂しく眠る人のごと、
地の下にわれは住はむ。何物も
われを見じ、吾も亦何をも見じ」と。
さてこゝに坑を穿てば、「よし」といひて
たゞひとり闇穴道におりたちて、
物陰の座にうちかくる、ひたおもて、
地下の戸を、はたと閉づれば、こはいかに、
天眼なほも奥津城にカインを睨む。
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR