女郎花




秋を代表する七草の1つ”女郎花
女郎花の語源の意味
「オミナ=女」「エシ=飯」
黄色いオミナエシを粟花、白い花をオトコエシを米花
「女郎花」「男郎花」
江戸時代、貴族の令嬢、令婦人の敬称が「女郎」だった
他には、オミナエシのオミナは、
「若い女性・女性・美人」
美人も圧倒する花の美しさという意味もある

女郎花の花言葉
「親切」

「美人」

「はかない恋」

「永久」

「忍耐」

女郎花の季節は8月~10月白く女郎花よりも少し大きいものが「男郎花」
両方別名「敗醤(はいしょう)」乾燥させたものは漢方薬

花魁(おいらん)とか吉原の遊郭の女は「遊女」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR