海潮音 上田敏訳 ロバアト・ブラウニング

z10147.jpg


瞻望  ロバアト・ブラウニング
 
怕るゝか死を。―喉塞ぎ、
 おもわに狭霧、
深雪降り、木枯荒れて、著くなりぬ、
 すゑの近さも。
夜の稜威、暴風の襲来、恐ろしき
 敵の屯に、
現身の「大畏怖」立てり。しかすがに
 猛き人は行かざらめやも。
それ、旅は果て、峯は尽きて、
 障礙は破れぬ。
唯、すゑの誉の酬えむとせば、
 なほひと戦。
戦は日ごろの好、いざさらば、
 終の晴の勝負せむ。
なまじひに眼ふたぎて、赦されて、
 這ひゆくは憂し。
否、残なく味ひて、かれも人なる
 いにしへの猛者たちのやう、
矢表に立ち楽世の寒冷、苦痛、暗黒の
 貢のあまり捧げてむ。
そも勇者には、忽然と禍福に転ずべく
 闇は終らむ。
四大のあらぴ、忌々しかる羅刹の怒号、
 ほそりゆき、雑りけち
変化して苦も楽とならむとやすらむ。
 そのとき光明、その時、御胸、
あはれ、心の心とや、抱きしめてむ。
 そのほかは神のまにまに。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR