菫 スミレ (再編掲載)

z10537.jpg
野の花としての菫は山登りしてでも観に行く価値のある花だよ!菫は一度掲載したのだが薔薇、百合と続いたので再編してもう一度紹介するよ!

菫 Violet
花名のスミレは、花の形状が墨入れ(墨壺)に似ていることに由来するともいわれている。
スミレの仲間は温帯を中心に世界中に広く分布しており、約400種が知られている。一般にパンジーやビオラなどの園芸品種を除いたスミレ科スミレ属の花を総称してスミレと呼んでいる。狭義でスミレという場合には、日本全土に分布するビオラ・マンジュリカ(Viola mandshurica)を指す。
ローマ神話
ある日、愛と美の女神ヴィーナスがキューピッドと散歩をしていると、美しい乙女たちが踊っているところに出会わせた。するとヴィーナスが「あの乙女たちと私と、どちらが美しいか?」とキューピッドにたずねる。キューピッドが乙女たちのほうが美しいと答えると、ヴィーナスはたちまち機嫌を損ね、乙女たちを殴り続けた。乙女たちの顔は紫色にはれてしまいます。キューピッドは乙女たちを気の毒に思い、美しいスミレの花に変えたという。
ギリシア神話
あるところにイアという美しい娘がいた。太陽神アポロンが彼女に一目ぼれをするが、イアには婚約者がいたため、アポロンの愛を受け入れようとしなかった。それに怒ったアポロンがイアをスミレに変えてしまったという。
また、アポロンと婚約者の板挟みとなったイアが貞潔の女神アルテミスに自分を人間以外の姿に変えて欲しいとお願いし、アルテミスがイアをスミレに変えたともいわれている。


春の花(最盛期は3月)。花色は紫、白、黄、青、赤、ピンクなど。
z10189.jpg


スミレの花言葉
花言葉の「謙虚」「誠実」は、道ばたや草かげにひっそりと花を咲かす、そのひかえめで奥ゆかしいスミレの花姿に由来する。

「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」

色別の花言葉

紫のスミレ
「貞節」「愛」

白いスミレ
「あどけない恋」「無邪気な恋」「純潔」

黄色いスミレ
「田園の幸福」「つつましい喜び」


スミレ誕生花

1月6日(ピンク)、1月8日、1月9日、1月15日(白)、2月6日(黄)、2月21日

西洋では、バラ、ユリ、スミレはトリオで、バラは「美(beauty)」を、ユリは「威厳(majesty)」を、スミレは「謙虚(modesty)」と「誠実(faithfulness)」をあらわすといわれ、この3つを兼ね備えたひとが理想の女性といわれる。また、これらの花はいずれも聖母に捧げられ、多くの花々のなかで特別に扱われている(薔薇、百合で重複)。


西洋の花言葉(英語)

Violet(スミレ全般)
「modesty(謙虚)」「faithfulness(誠実)」
Purple Violet(紫のスミレ)
「daydreaming(白昼夢)」「You occupy my thoughts(あなたのことで頭がいっぱい)」
Blue Violet(青いスミレ)
「watchfulness(用心深さ)」「love(愛情)」
White Violet(白いスミレ)
「candor(率直)」「innocence(純潔)」
Yellow Violet(黄色いスミレ)
「rural happiness(田園の幸福)」


旬の季節: 春
開花時期: 3月~5月
出回り時期: 3月~5月(最盛期は3月)
花持ち期間: 7日程度(一株)


科・属名: スミレ科スミレ属
学名: Viola mandshurica
和名: 菫(スミレ)
別名: 相撲取草(スモウトリクサ)
英名: Violet
原産地: 全世界の温帯



スミレを国花とする国

ギリシャ(ニオイスミレ)
z10538.jpg
東京在住の頃は八王子市の高尾山にスミレを観に行くのが楽しみだったよ。
z10190.jpg
「タカオスミレ」!高尾山にはまむし(毒蛇)がいるからスミレが観たいからって不用意に茂みに入らないこと!やはり登山用の重装備はしてった方が安全だよ!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR