リナリア

z10195.jpg


リナリア(Linaria)は、ギリシア語の「linon(亜麻という植物)」が語源となり、細長い葉の形が亜麻の葉と似ていることに由来する。別名の「姫金魚草(ヒメキンギョソウ)」は、金魚のような花を咲かせるキンギョソウに似て、それよりも小型であることにちなむ。

花言葉の由来

花言葉の「この恋に気づいて」は、乙女のようなかわいらしく繊細な花姿から少女の恋心をあらわしているともいわれている。



リナリア誕生花

3月5日、4月10日


旬の季節: 春~初夏
開花時期: 3月~7月
出回り時期: 1月~6月(最盛期は4~5月)



 科・属名: オオバコ科ウンラン属
学名: Linaria bipartita
和名: リナリア
別名: 姫金魚草(ヒメキンギョソウ)
英名: Linaria
原産地: ヨーロッパ、北アフリカ

この花もひたち海浜公園で観られるよ!
z10196.jpg
東京在住の頃はここのフラワーガーデンにゆくのが楽しみだった。まあここら辺にも薔薇園やベコニアパークはあるんで楽しみがない訳じゃないよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR