どうでも良い話「軍鶏女の攻略法は有るか」

z10220.jpg

男には貯めの広さが有るが(そうか?)女には小さい貯めしか無い。だからその貯めがいっぱいになると急に爆発するのだよ。しかもその貯蓄は減ることが無い!

簡単に言えば女は男のように割り切って「それはそれ」という事が出来ない。つまり些細な事でも気にいらない事があるとその記憶はそのまま貯蓄されて溜まって行くので女が怒る時は末期的状態、つまり「別れたい」とか「もう終わり」などの最終的態度に出てくる為納めるのは至難の事になるのだよ。
「男に些細な事でも女にはどうでも良くない」
男性諸君の中に「女のくせに」とか「女には俺の言う事に従わせる」などと思いあがった事を考えてる人はいないか?実はそれがもう既に彼女の不満の貯蓄になっているのだよ。それゆえ、例え「産直に寄ってくれない」ということだけでも、瞬時に、あらゆることにつながり、「愛されていない、利用されている、ないがしろにされている」「前にもこんなことがあった、あのときああだった」などというところまで、つながっていってしまうのよ。つまり怒りも不満も過去も悲しみもさびしさも、なにもかも、とにかく全部貯め込んじゃうからどんどんあれもこれもで満タンになって「大爆発」するのさ。

「自分の彼女への態度に問題はないか?」
具体例*「どこへも連れてってくれない」「家事を手伝ってくれない、子どもをみてくれない」「お金がない、仕事をしない」「バカにした、暴力をふるった」「誕生日のプレゼントが気にくわない・くれない」など些細なことからも女は不満となって貯めてゆくのだよ。

「普段からも直ぐ怒るのは女の性であり頭脳の仕組みなのさ」
とにかく物事を最大限まで深く考えてしまう傾向にあるから会社組織でも問題を大きくしてしまう事になる。具体例*「はっきり言わずに、回りくどく話す」「男って単純ね、最低」などと見下し、人格否定までしてしまう。例えば、スキンシップ、セックスを冷たく断る、「セックスのことしか頭にないんじゃないの」「目の前の問題解決をしようとして、いくつも問題を取り上げ、結局まとまらなくなる」「これではダメだと思うあまり、なんでもし過ぎの傾向になる」など、これでは問題を大きくしてしまうよな。
「では女と上手くつきあう方法は?」
俺を含めて単純な男のすべきことは単純で良いのだよ。ズバリ「永遠に愛す」事だ。愛するが故気も使うし愛するが故彼女の事で悩み愛するが故彼女の為に無理をする。恋愛の基本じゃないか?自分の言う事を聞かせたいのは支配欲で愛情じゃない!もう結婚したから俺のものだから気など使わない?それは人間の思い上がりで愛情じゃない!つまらないし飽きたから浮気する?これは最低、論外!
君達、もう一度自分を振り返って女の気持ちになって考える事だ。女が一緒にいるから不満が無い訳じゃないぞ!

z10221.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR