ジャスミン

z10224.jpg


ジャスミンの名前はペルシャ語の「yasmin」に由来する。意味は、「神からの贈り物」。ジャスミンは夜により濃厚に香ることから「夜の女王」と呼ばれていたり、ヒンドゥー教の愛の女神「カーマ」がハートを射止めるためにジャスミンの油が塗られた弓を持っていたりと、ジャスミンの香りについて多くの呼び名や逸話が残されている。
ジャスミンは常緑のつる性低木で、花期は3月~5月と7月~11月。香りがとても良く、「香りの王様」とも呼ばれ、優雅で甘美な香りが特徴の花。夜に花を咲かせる為、明け方に人手によって収穫され、香水やジャスミン茶の原料にも使用されている。

ジャスミンの花言葉の由来は、ジャスミンの花が美しく上品な印象を与えることからきている。「官能的」という花言葉は、クレオパトラも愛用していたと言われるほど官能的なジャスミンの香りに由来する。

ジャスミン全体の花言葉⇒「愛想のよい」「愛らしさ」「優美」「官能的」


白いジャスミンの花言葉⇒「温順」「柔和」「好色」


黄色いジャスミンの花言葉⇒「優美」「優雅」「上品」


ジャスミンの種類は世界で数百種類と言われており、中には毒性のあるものもあるので注意しましょう。ジャスミンと言ったら白い花のイメージがありますが、黄色い花の品種もある。この数百種類ある中でも、ジャスミンティや香水として使われている品種はごく一部になる。

ジャスミンの別名として知られる「茉莉花」

ジャスミンの別名として知られている「茉莉花(まりか・まつりか)」だが、茉莉花はジャスミンの中でも「アラビアジャスミン」のことを指す。このアラビアジャスミンは、ジャスミンティの主な材料として知られている。

香水で使われるジャスミン
香水に使われるジャスミンは「コモン・ジャスミン(オオバナソケイ)」と言われる品種。ジャスミンの精油は幸福を招くとも言われている。

ジャスミンと名前がつくが近縁でない植物

カロライナジャスミンとマダガスカルジャスミンは、ジャスミンとは近縁種ではないものの、良い香りがすることからジャスミンという名前が付いている。カロライナジャスミンもマダガスカルジャスミンも有毒。

ハゴロモジャスミン

一般的にジャスミンと言ってイメージするのはこちら。花言葉は「喜び」。

マダガスカルジャスミン

葉が大きくつやつやしている。花言葉は「清らかな祈り」。

カロライナジャスミン

ラッパ型の黄色い花をつける。花言葉は「素直」。


科・属 モクセイ科・ソケイ属
英名 Jasmine
学名 Jasminum
原産地 アジアやアフリカ
出回り期 春

z10225.jpg
羽衣ジャスミン(ハゴロモジャスミン)ここら辺では栽培してる家はないが園芸屋さんで見ることが出来るよ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR