海潮音 上田敏訳 ダンテ・ゲブリエル・ロセッティ

z10244.jpg
 
 小曲 ダンテ・ゲブリエル・ロセッティ

小曲は刹那をとむる銘文、また譬ふれば、
過ぎにしも過ぎせぬ過ぎしひと時に、劫の「心」の
捧げたる願文にこそ。光り匂ふ法の会のため、
祥もなき預言のため、折からのけぢめはあれど、
例も例も堰きあへぬ思、豊かにて切にあらなむ。
「日」の歌は象牙にけづり、「夜」の歌は黒檀に彫り、
頭なる華のかざしは輝きて、阿古屋の珠と、
照りわたるきらびの栄の臈たさを「時」に示せよ。
 
小曲は古泉の如く、そが表、心あらはる、
うらがねをいづれの力しろすとも。あるは「命」の
威力あるもとめの貢、あるはまた貴に妙なる
「恋」の供奉にかづけ纒頭と贈らむもよし、遮莫
三瀬河、船はて処、陰暗き伊吹の風に、
「死」に払ふ渡のしろと、船人の掌にとらさむも。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR