海潮音 上田敏訳 ダンテ・ゲブリエル・ロセッティ

z10260.jpg


恋の玉座 ダンテ・ゲブリエル・ロセッティ
 
心のよしと定めたる「力」のかずかず、たぐへみれば、
「真」の唇はかしこみて、「望」の眼、天仰ぎ、
「誉」は翼、音高に埋火の「過去」煽ぎぬれば
飛火の焔、紅々と炎上のひかり忘却の
去なむとするを驚かし、飛び翔けるをぞ控へたる。
また後朝に巻きまきし玉の柔手の名残よと、
黄金くしげのひとすぢを肩に残しし「若き世」や、
「死出」の挿頭と、例も例もあえかの花を編む「命」。
 
「恋」の玉座はさはいへど、そこにしも在らじ、空遠く、
逢瀬、別の辻風のたち迷ふあたり離りたる
夢も通はぬ遠つぐに、無言の局奥深く、
設けられたり。たとへそれ、「真」は「恋」の真心を
夙に知る可く、「望」こそそを預言し、「誉」こそ
そがためによく、「若き世」めぐし、「命」惜しとも。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR