竜胆(りんどう)

z10316.jpg
自然だと群生しないでひとつづつ咲く野の花。日光戦場ヶ原へ林道ツーリングしに行った時発見して時間を忘れて見入ったっけ!

リンドウの名は、中国で「葉は竜葵(りゅうき)に似ており、味は胆(きも)のように苦い」という意味で竜胆(りゅうたん)と名づけたのが語源となり、日本で国語化してリンドウと呼ばれるようになったといわれている。学名「Gentiana(ゲンティアナ)」は、薬効を発見した古代ギリシア・ローマ時代のイリュリア最後の王ゲンティウスにちなむといわれる。

ウサギとリンドウの伝説
修行者の役小角(えんのおづの、634~701)が日光の山道を歩いていると、一匹のウサギが雪の中からリンドウを掘り出してなめているのを見つけた。不思議に思った役小角がウサギに尋ねると、主人が病気なのでこの草を探していたと答えて去っていった。役小角も試しにその草の根を掘り、病人に飲ませてみると優れた効き目のあることが分かった。役小角はこれは二荒神のお告げに違いないと考え、その後日光ではリンドウが霊草になったそうな。
 
花言葉
花言葉の「悲しんでいるあなたを愛する」は、群生せずに一本ずつ咲く花姿と悲しみを思わせる青紫の花色に由来するといわれる。
 
「悲しんでいるあなたを愛する」

リンドウ誕生花
8月31日、9月16日、10月20日
 
生薬
リンドウの仲間の中に、根が薬用になるものがあることは古代エジプト時代から知られていたらしい。現在でも薬用として栽培され、漢方では古くから竜胆(りゅうたん)という生薬として利用されている。
 
西洋の花言葉(英語)
Gentian(リンドウ全般)
「I love you best when you are sad(悲しんでいるあなたを愛する)」「loveliness(愛らしい)」「intrinsic worth(固有の価値)」
 
旬の季節: 秋
開花時期: 9月~11月
出回り時期: 9月~11月(最盛期は9月)
花持ち期間: 5~10日程度
 
科・属名: リンドウ科リンドウ属
学名: Gentiana scabra
和名: 竜胆(リンドウ)
英名: Gentian
原産地: 日本、中国、朝鮮半島、シベリア
 
リンドウを国花とする国
スイス(アルペンエンツィアン)


z10317.jpg
志賀高原りんどう公園!ここは地元の有志達がリンドウを植えたので群生していてとても綺麗だよ。夏、避暑に行くついでに是非見に行って欲しい!
z10318.jpg
この看板の近くだからと皆さんに教えて欲しいって!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR