海潮音 上田敏訳  ジォルジュ・ロオデンバッハ


z10319.jpg

黄昏 ジォルジュ・ロオデンバッハ
 
夕暮がたの蕭やかさ、燈火無き室の蕭やかさ。
かはたれ刻は蕭やかに、物静かなる死の如く、
朧々の物影のやをら浸み入り広ごるに、
まづ天井の薄明、光は消えて日も暮れぬ。
 
物静かなる死の如く微笑作るかはたれに、
曇れる鏡よく見れば、別の手振うれたくも
わが悌は蕭やかに、辷り失せなむ気色にて、
影薄れゆき、色蒼み、絶えなむとして消つべきか。
 
壁に掲けたる油画に、あるは朧に色褪めし、
框をはめたる追憶の、そこはかとなく留まれる
人の記憶の図の上に、心の国の山水や、
筆にゑがける風景の黒き雪かと降り積る。
 
夕暮がたの蕭やかさ。あまりに物のねぴたれば、
沈める音の絃の器に、枷をかけたる思にて、
無言を辿る恋なかの深き二人の眼差も、
花毛氈の唐草に絡みて縒るゝ夢心地。
 
いと徐ろに日の光、隠ろひてゆく蕭やかさ、
文目もおぼろ、蕭やかに、噫、蕭やかに、つくねんと
沈黙の郷の偶座は一つの香にふた色の
匂交れる思にて、心は一つ、えこそ語らね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR