スイートピー 3月25日更新分

z10326.jpg
ここら辺では見かけないけど「なばなの里」まで行けば見られるんじゃないかな!あそこらでスイートピーを栽培してる農家があるらしいから。

スイートピー Sweet pea
スイートピー(Sweet pea)のスイートは香りのよいことを、ピーは豆を意味する。花名はこの花がほのかな甘い香りを放つことに由来。
王妃が愛した花
イギリスのエドワード7世(1841~1910)のアレクサンドラ王妃はスイートピーがお気に入りで、式典や晩餐会ではスイートピーを飾らせたそうな。これによりエドワード朝を象徴する花となり、各国でもスイートピーが有名になりました。なお、ヨーロッパでは麝香(じゃこう)のようなその甘い香りから寝室に飾る花としているらしい。


春の花(最盛期は3~4月)。花色は赤、ピンク、白、青、紫など。


スイートピーの花言葉
花言葉の「門出」「別離」は、花の姿が今にも飛び立つ蝶のように見えることに由来する。

「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」

スイートピー誕生花
2月15日(白)、3月15日(白)、3月20日、6月9日
 
 
シシリー島から世界へ
スイートピーの原産地はイタリアのシシリー島。1695年にイタリア人の修道僧フランシス・クパーニによって世界に紹介される。その後、イギリスを中心に園芸植物として改良が進み、花が大きく花色も多彩になったといわれている。日本には江戸時代末期に渡来し、エンドウに似て香りもよいことから、ニオイエンドウやジャコウエンドウなどと呼ばれていた。
 
 
西洋の花言葉(英語)

Sweet pea(スイートピー全般)
「departure(門出)」「good-bye(別れの言葉)」「delicate pleasure(ほのかな喜び)」「tender memory(優しい思い出)」「blissful pleasure(至福の喜び)」
 
旬の季節: 春
開花時期: 4月~5月
出回り時期: 12月~5月(最盛期は3~4月)
花持ち期間: 5日程度
 

科・属名: マメ科レンリソウ属
学名: Lathyrus odoratus
和名: スイートピー
別名: 香豌豆(カオリエンドウ)、麝香連理草(ジャコウレンリソウ)、麝香豌豆(ジャコウエンドウ)、匂豌豆(ニオイエンドウ)
英名: Sweet pea
原産地: イタリアのシシリー島

有毒だと記憶しているから食べちゃダメだよ!赤いスイートピー?松田聖子の歌?今は赤いのも有るよ!
z10327.jpg
パステルカラーの美しい花色が印象的!俺はフラワーガーデンとかでしか見てないのだか花言葉にちなんでブーケにも良くアレンジされるらしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR