海潮音 上田敏訳  アンリ・ドゥ・レニエ

z10334.jpg

銘文 アンリ・ドゥ・レニエ

 
夕まぐれ、森の小路の四辻に
夕まぐれ、風のもなかの逍遥に、
竃の灰や、歳月に倦み労れ来て、
定業のわが行末もしらま弓、
杖と佇む。
 
路のゆくてに「日」は多し、
今更ながら、行きてむか。
ゆふべゆふべの旅枕、
水こえ、山こえ、夢こえて、
つひのやどりはいづかたぞ。
そは玄妙の、静寧の「死」の大神が
わがまなこ、閉ぢ給ふ国、
黄金の、浦安の妙なる封に。
 
高樫の、寂寥の森の小路よ。
岩角に懈怠よろぼひ、
きり石に足弱悩み、
歩む毎、
きしかたの血潮流れて、
木枯の颯々たりや、高樫に。
噫、われ倦みぬ。
 
赤楊の落葉の森の小路よ。
道行く人は木葉なす
蒼ざめがほの恥のおも、
ぬかりみ迷ひ、群れゆけど、
かたみに避けて、よそみがち。
泥濘の、したゝりの森の小路よ、
憂愁を風は葉並に囁ぎぬ。
しろがねの、月代の、霜さゆる隠沼は
たそがれに、この道のはてに澱みて
げにこゝは「欝憂」の
鬼が栖む国。
 
秦皮の、真砂いさごの、森の小路よ。
微風も足音たてず、
梢より梢にわたり、
山蜜の色よき花は
金色の砂子の光、
おのづから曲れる路は
人さらになぞへを知らず。
このさきの都のまちは
まれぴとを迎ふときゝぬ。
いざ足をそこに止めむか。
あなくやし、われはえゆかじ、
他の生の途のかたはら、
「物影」の亡骸守る
わが「願」の通夜を思へば。
 
高樫の路われはゆかじな、
秦皮や、赤楊の路、
日のかたや、都のかたや、水のかた、
なべてゆがじな。
噫、小路、
血やにじむわが足のおと、
死したりと思ひしそれも、
あはれなり、もどり来たるか、
地響のわれにさきだつ。
噫、小路、
安逸の、醜辱の、驕慢の森の小路よ。
あだなりしわが世の友か、吹く風は、
高樫の木下蔭に
声はさやさや、
涙さめざめ。
 
あな、あはれ、きのふゆゑ、夕暮悲し、
あな、あはれ、あすゆゑに、夕暮苦し、
あな、あはれ、身のゆゑに、夕暮重し。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR