海潮音 上田敏訳  アンリ・ドゥ・レニエ

z10373.jpg


花冠 アンリ・ドゥ・レニエ

 
途のつかれに項垂れて、
黙然たりや、おもがげの
あらはれ浮ぶわが「想」。
命の朝のかしまだち、
世路にほこるいきほひも、
今、たそがれのおとろへを
透しみすれば、わなゝきて
顔背くるぞ、あはれなる。
思ひかねつゝ、またみるに、
避けて、よそみて、うなだるゝ、
あら、なつがしのわが「想」。
 
げにこそ思へ、「時」の山、
山越えいでて、さすかたや、
「命」の里に、もとほりし
なが足音もきのふかな。
 
さて、いかにせし、盃に
水やみちたる。としごろの
願の泉はとめたるか。
あな空手、唇乾き、
とこしへの渇に苦める
いと冷やき笑を湛へて、
ゆぴさせる其足もとに、
玉の屑、埴土のかたわれ。
 
つぎなる汝はいかにせし、
こはすさまじき姿かな。
そのかみの臈たき風情、
嫋竹の、あえかのなれも、
鈍なりや、宴のくづれ、
みだれ髪、肉おきたるみ、
酒の香に、衣もなよびて、
踏む足も酔ひさまだれぬ。
あな忌々し、とく去ねよ。
 
さて、また次のなれが面、
みれば麗容うつろひて、
悲、削ぎしやつれがほ、
双の手振の怪しきは、
饐えたる血にぞ、怨恨の
毒ながすなるくち蝮を
掩はむためのすさぴかな。
 
また「驕慢」に音づれし
なが獲物をと、うらどふに、
えぴ染のきぬは、やれさけ、
笏の牙も、ゆがみたわめり。
又、なにものぞ、ほてりたる
もろ手ひろげて「楽欲」に
らうがはしくも走りしは。
酔狂の抱擁酷く
唇を噛み破られて、
満面に爪あとたちぬ。
興ざめたりな、このくるひ、
われを棄つるか、わが「想」。
あはれ、恥かし、このみざま、
なれみづからをいかにする。
 
しかはあれども、そがなかに、
行清きたゞひとり、
きぬもけがれと、はだか身に、
出でゆきしより、けふまでも、
あだし「想」の姉妹と
道異なるか、かへり来ぬ、
―あゝ行かぱやな―汝がもとに。
法苑林の奥深く
素足の「愛」の玉容に
なれは、ゐよりて睦みつゝ、
霊華の房を摘みあひて、
うけつ、あたへつ、とりかはし
隻の額をこもごもに、
飾るや、一の花の冠。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR