スターチス

z10375.jpg
勘違いしないでよ。青い部分はガク!白い小さなのが花だよ!

スターチス Statice
花名のスターチス(Statice)は、ギリシア語の「statizo(止める)」を語源とし、スターチスが薬草として、下痢止めに用いられてきたことに由来するといわれている。なお、「スターチス」という名称はイソマツ属の旧名で、現在の正式な学名は「リモニウム(Limonium)」。
永遠の花
スターチスの紫、ピンク、黄などの花に見える部分は、萼(ガク)が発達したもので、実際の花はその中から飛び出している白い部分。花が落ちた後も美しい萼が残るため「永遠の花 (everlasting flowers) 」と呼ばれている。


周年出回る花(最盛期は5~6月)。花色は紫、青、赤、ピンク、白、オレンジ、黄など。

スターチスの花言葉
ドライフラワーとしても利用されるスターチス。花言葉の「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」「永久不変」は、乾燥させても色あせないことに由来するといわれている。

「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」

 
色別の花言葉
紫のスターチス
「しとやか」「上品」
ピンクのスターチス
「永久不変」
黄色のスターチス
「愛の喜び」「誠実」
 

 
スターチス誕生花
4月18日(ピンク)、4月29日(淡紫)、5月7日、11月17日
 
 
ラベンダーとの関係は
薄紫色の花をつけるスターチスは、英名でシーラベンダー(Sea Lavender)やマーシュローズマリー(Marsh rosemary)とも呼ばれている。ただ、ラベンダーやローズマリーとの類縁関係はない。
 
西洋の花言葉(英語)
Statice(スターチス全般)
「remembrance(記憶)」「success(成功)」「sympathy(同情)」
 
旬の季節: 春
開花時期: 4月~7月
出回り時期: 周年(最盛期は5~6月)
花持ち期間: 10~14日程度
 
科・属名: イソマツ科イソマツ属
学名: Limonium sinuatum
和名: 花浜匙(ハナハマサジ)
別名: スターチス、リモニウム、チース
英名: Sea Lavender, Statice, Marsh rosemary
原産地: ヨーロッパ、地中海沿岸


z10376.jpg
結構家庭栽培なんかで見かける花だよ!まあ観に行くのも悪くないけど大船フラワーセンターなら有るだろう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR