碇草

z10456.jpg
ホント、船の錨に似てる花だよ!

碇草 Large flowered barrenwort
学名「Epimedium(エピメディウム)」は、「Media(古代のメディア王国)」の名に由来するといわれている。和名の碇草、錨草(ともにイカリソウ)は、細長い距を四方に伸ばす花姿が、船のいかりに似ていることに由来し英語では「Large Flowered Barrenwort」や「Bishop’s hat(司教の帽子)」などと呼ばれている。

春の花。花色はピンク、白、紫、黄。

イカリソウの花言葉
花言葉の「旅立ち」は、船のいかりを引き上げているような花姿から船出をあらわすものになったといわれ「君を離さない」の花言葉は、船を一定の位置に固定するいかりにちなむともいわれている。
「君を離さない」「旅立ち」
 

イカリソウ誕生花
3月13日
 
イカリソウの種類
イカリソウ属の植物は世界に約60種(日本には5~6種)が知られています。中国を中心にインド、日本、朝鮮半島、ロシア極東部、南ヨーロッパ、北アフリカなどに分布。日本では淡い紫色の碇草(イカリソウ)、花弁に距がなく白色の梅花碇草(バイカイカリソウ)、淡い黄色の黄花碇草(キバナイカリソウ)、冬でも葉が枯れない常緑の常盤碇草(トキワイカリソウ)などがある。
 
生薬
イカリソウは淫羊霍(インヨウカク)という生薬としても知られ、精力剤として有名。
 
旬の季節: 春
開花時期: 4月~5月
 
科・属名: メギ科イカリソウ属
学名: Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
和名: 碇草、錨草(ともにイカリソウ)
別名: 三枝九葉草(サンシクヨウソウ)、淫羊霍(インヨウカク)※生薬名
英名: Large flowered barrenwort, Bishop’s hat
原産地: 日本

z10457.jpg
小石川植物園の碇草!美人は3日見れば飽きると言われているけどそれは顔や容姿は美人でも性格の悪い人の話だよ。まあ俺はどちらかと言えば花を見るならひとりより性格の良い人と見てる方がより楽しめるよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR