紫露草

z10578.jpg
朝咲いて夕暮れには萎む一日草だよ。

紫露草 Spiderwort
学名「Tradescantia(トラデスカンティア)」は、イギリスの植物採集家ジョン・トラデスカントの名前にちなみ和名の「紫露草(ムラサキツユクサ)」は、同じツユクサ科で青い花を咲かせるツユクサに対して、この植物が紫色の花を咲かせることにちなむといわれている。英語では「Spiderwort(クモの草)」と呼ばれる。

夏の花。花色は紫、青、ピンク、白など。

ムラサキツユクサの花言葉
花言葉の「尊敬しているが恋愛ではない(esteem not love)」は、ムラサキツユクサの青い花色が聖母マリアの衣服と同じ色であることに関係しているといわれている。

「尊敬しているが恋愛ではない」

 
ムラサキツユクサ誕生花
8月5日
 
ムラサキツユクサの種類
ムラサキツユクサの仲間(ムラサキツユクサ属)は温暖な地域を中心に約200種が分布するといわれている。
ムラサキツユクサ(紫露草)
北米原産。6月~9月ごろに青紫色の2cmほどの花を咲かせる。オシベの毛が細胞の原形質流動の観察でよく使われている。
オオムラサキツユクサ(大紫露草)
北米原産。6月~9月ごろに4~5cmの花を咲かせる。青紫、白、紅紫などの花色があり、八重咲きの品種もある。ムラサキツユクサとよく混同されている。
 
西洋の花言葉(英語)
Spiderwort(ムラサキツユクサ全般)
「esteem not love(尊敬しているが恋愛ではない)」
 
ムラサキツユクサの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 6月~9月
 
名称・原産地
科・属名: ツユクサ科ムラサキツユクサ属
学名: Tradescantia ohiensis
和名: 紫露草(ムラサキツユクサ)
英名: Spiderwort
原産地: 北アメリカ

z10579.jpg
茨城県守谷市の清龍寺のオオムラサキツユクサ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR