庭石菖 ニワゼキショウ

z10588.jpg
これも近場の公園で観られる花だよ。注意して探して観てね!

庭石菖 ニワゼキショウ
ニワゼキショウの名前は、庭に生える石菖の意味で、ニワゼキショウの葉の形がサトイモ科のセキショウ(石菖)に良く似ているということから名付けられた。学名の「Sisyrinchium」は、ギリシャ語で豚を意味する「sys」と鼻を意味する「rhynchos」が語源となっている。これは、ニワゼキショウが牧草地などに生え、豚が根を掘り返してしまうことからつけられ、英名ではニワゼキショウの草姿から「Blue eyed grass(青い目の草)」と呼ばれている。
ニワゼキショウの花は5月から6月にかけて咲き、花の直径は約1.5cmほど。花びらは薄紫色か赤紫色であり、筋が入っている。中心部は濃紫色になっていて、さらに中心部は黄色になっています。1つの花は1日で終わりますが、次々と新しい花を咲かせる。
ニワゼキショウは北アメリカが原産で、アヤメ科ニワゼキショウ属の多年草。開花時期は5~6月で、白、薄紫、薄い青などの花径5~15mm位の花を咲かせる。

ニワゼキショウの花言葉
花言葉の「繁栄・豊富」は、こぼれ落ちた種からも良く繁殖して可愛らしい一日花を群がって咲かせる事からつけられたと言われている。

「繁栄」「豊かな感情」「豊富」「愛らしい人」「きらめき」

7月5日の誕生花


ニワゼキショウは外来植物
ニワゼキショウは、花が可愛らしいことから、明治時代に観賞用として日本に渡来してきた。しかし、日本に来た途端、外来植物特有である強い繁殖力を発揮し、現在ではそのおかげで雑草扱いされるようになってしまった。
ニワゼキショウとオオニワゼキショウ
ニワゼキショウに似た植物で、「オオニワゼキショウ」という植物がある。ニワゼキショウは草丈が10cm~20cm、花は1.5cm程なのに対し、オオニワゼキショウは少し大きめで草丈は20cm~30cmだが花は逆に小さく1cm程になる。花後にできる実は、花の大きさには反して、オオニワゼキショウの方が大きく、ニワゼキショウが小さい。
昔はオオニワゼキショウが大きかったからこう名付けられたものの、ニワゼキショウは育つ環境によって大きさが変わるようなので、大きさだけで2つを見分けることは難しい。


科・属  アヤメ科 ニワゼキショウ属
英名 Annual Blue Eyed Grass
学名  Sisyrinchium rosulatum
原産地 北アメリカ
開花時期 5月~6月
 

z10589.jpg
z10587.jpg
可哀想だけど雑草として駆除されることが多い。公園ではタンポポ同様、芝の間から生えて来たりするからね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR