アマリリス

z10601.jpg
アマリリスと言えばこの歌を思い出すだろ?

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス

月の光
花園を あおく照らして
ああ 夢を見てる
花々の眠りよ

フランスみやげ
やさしい その音色(ねいろ)よ
ラリラリラリラ
しらべは アマリリス


アマリリス Amaryllis
花名のアマリリスは、古代ローマの詩人ウェルギリウス(紀元前70~前19)の『牧歌』に登場する美しい女羊飼いアマリリスの名前にちなみ、属名の学名「Hippeastrum(ヒッペアストルム)」には「馬のように大きくて、星のような花」という意味がある。

初夏の花(最盛期は6月)。花色は赤、白、ピンク、紫、黄、緑など。

アマリリスの花言葉
花言葉の「おしゃべり」は、アマリリスの花が横向きにつき、となりの花とおしゃべりをしているように見えることに由来する。
 
「誇り」「おしゃべり」「輝くばかりの美しさ」

アマリリス誕生花
1月26日、2月12日(赤)、2月24日、5月28日、5月30日、7月16日
 
アマリリスの種類
一般にアマリリスと呼ばれるのは中南米原産の園芸品種(ヒッペアストルム属)を指していて、本来のアマリリスというべきものは南アフリカ原産の品種(アマリリス属)で、ホンアマリリスやベラドンナリリーと呼ばれている。
アマリリス(ヒッペアストルム属)
初夏にユリに似た大きな花を横向きに2~4輪咲かせる。常緑で茎はストローのように空洞。
ホンアマリリス(アマリリス属)
初秋にユリに似た大きな花を10輪ほど咲かせる。開花時に葉はなく、茎も空洞ではない。
 
西洋の花言葉(英語)
Amaryllis(アマリリス全般)
「pride(誇り)」「splendid beauty(輝くばかりの美しさ)」
 
アマリリスの季節・開花時期
旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~7月
出回り時期: 5月~7月(最盛期は6月)
花持ち期間: 5~10日程度
 
名称・原産地
科・属名: ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
学名: Hippeastrum × hybridum
和名: アマリリス
別名: ナイトスターリリー、バーバドスリリー
英名: Amaryllis (Hippeastrum), Knight’s star lily
原産地: 中南米


z10602.jpg
z10603.jpg
z10604.jpg
水郷佐原水生植物園!この画像のように花菖蒲が有名だが実はアマリリスでも有名なんだ。近い花好きは観に行ってね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR