竹久夢二 童話集 春より 朝

z10663.jpg

朝 竹久夢二

 ある春の朝でした。
 太陽は、いま薔薇色ばらいろの雲をわけて、小山のうえを越える所でした。小さい子供は、白い小さい床ベッドの中で、まだ眠って居おりました。
「お起き、お起き」柱に掛った角時計が言いました。「お起き、お起き」そう言ったけれど、よく眠った太郎たろうは何も聞きませんでした。「私が起して見ましょう」窓に近い木のうえに居た小鳥が言いました。
「坊ちゃんはいつも私に餌えさを下さるから、私がひとつ唄うたを歌って坊ちゃんを起してあげよう」
好よい子の坊ちゃんお眼めざめか?
寝た間に鳥差えさしがさしにくる
 庭にいた小鳥がみんな寄って来て声をそろえて歌いました。それでも太郎はなんにも聞えないように眠っていました。
 海の方から吹いて来た南風なんぷうは、窓の所へ来て言いました。
「私はこの坊ちゃんをよく知ってますよ。昨日野原で坊ちゃんの凧たこを揚げたのは私だもの。窓から這入はいって坊ちゃんの頬ほっぺたへキッスをして起そう」
 南風は、窓からカーテンをあげて子供の寝室へそっと這入っていった。そして太郎たろうさんの紅あかい実のような頬や、若い草のような髪の毛をそよそよと吹いた。けれど子供は、何も知らぬほど深く眠っていました。
「坊ちゃんは私が夜の明けたのを知らせるのを待ってらっしゃるんだ」
 庭の隅の鳥小屋からのっそのっそ自信のあるらしい歩調で出て来た牝鶏[#「牝鶏」は底本では「牡鶏」]《めんどり》が言いました。
「誰だれも私ほど坊ちゃんを知ってる者はありませんよ。私ゃね、これで坊ちゃんに大変御贔屓ごひいきになってるんでさあ。どりゃひとつ夜明よあけの唄うたを歌おう」
こっけこっけあどう。
東の山から夜が明けた
お眼めがさめたら何処どこいきやる。
大阪天満の橋の下
千石船に帆をあげて。
こっけ、こっけ、あどう。
 牝鶏の朝の唄に驚いて、親鶏の翼の下に寝ていた黄いろい雛ひなも、軒の下の鳩はとも、赤い小牛も、牧場の小屋の中へ眠っていた小羊までが眼を覚さましました。それでも太郎の眼は覚めませんでした。
 この時、太陽は小山を越えて、春の空に高く輝きました。草に結んだ露は夢からさめ、鈴蘭すずらんはいちはやく朝の鐘を鳴ならしました。草も木も太陽の方へあたまをあげて、歓よろこびました。太陽はしずしずと森を越え、牧場に光を投げながら、太郎の家うちのお庭の方までやって来ました。そして窓のガラスを通して太郎の顔へ美しい光を投げました。すると太郎は、可愛かあいい眼をぱっちりと明けました。
「かあちゃん、かあちゃん!」お母様はすぐに太郎を見に来ました。
「坊や、お眼がさめたの。誰が坊やを起してくれたえ?」
 お母様がききました。けれど誰も答えるものはありませんでした。それは太郎も知りませんでしたから。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR