昼顔 (朝顔・夕顔・夜顔)

z10666.jpg
これは昼顔!朝顔・昼顔・夕顔・夜顔と皆同じ科・属と思ってない?違うのが有るんだよ!

昼顔 Bindweed
朝に開花して昼にはしぼんでしまう朝顔に対して、ヒルガオは朝に開花して昼間も咲き続け、夕方に花をしぼませます。昼顔の花名もこれに由来する。

夏の花(最盛期は7~8月)。花色はピンク、白。

ヒルガオの花言葉
花言葉の「絆」は、ヒルガオが他の木などにしっかりとツルをからませることに由来する。また、「情事」の花言葉もツルでからみつくことにちなむ。フランスでは「昼の美人」「危険な幸福」の花言葉があり、これも人妻の昼間の情事を意味するといわれている。
 
「絆」「友達のよしみ」「情事」

z10667.png
これは朝顔!花言葉とかは単独で紹介した時にね。
 
ヒルガオ誕生花
4月14日(白いセイヨウヒルガオ)、6月25日、7月17日
 
西洋の花言葉(英語)
Bindweed(ヒルガオ)
≪大きい品種≫
「insinuation(ほのめかす、当てこする)」
≪小さい品種≫
「humility(謙遜)」
Convolvulus(セイヨウヒルガオ)
≪全般≫
「bonds(絆)」
≪大きい品種≫
「extinguished hopes(失われた希望)」
≪小さい品種≫
「repose(休息)」「night(夜)」
≪ピンク≫
「worth sustained by judicious and tender affection(賢明でやさしい愛情によって支えられた価値)」
 
ヒルガオの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 5月~8月
出回り時期: 5月~8月(最盛期は7~8月)
花持ち期間: 一つの花は1日
 
名称・原産地
科・属名: ヒルガオ科ヒルガオ属
学名: Calystegia japonica
和名: 昼顔(ヒルガオ)
英名: Bindweed, False bindweed, Convolvulus(セイヨウヒルガオ)
原産地: 日本、朝鮮、中国

「夕顔だけ科が違う」
z10668.jpg
「夕顔」とは、ウリ科ユウガオ属の一年草で、北アフリカ、インドなどが原産地とされるつる性植物。夕方に白色の花を咲かせ、翌日の午前中にはしぼんでしまう一日花のものが一般的。同じウリ科の植物ヒョウタンに似た大きな果実を実らせることが特徴で、果実は乾燥食品のかんぴょうの材料になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR