オダマキ

z10676.jpg
オダマキと言うと家庭栽培のイメージが有るがここら辺では見た事ないし何か花言葉もイマイチだけど綺麗な花だよ!

オダマキ Columbine
花名のオダマキは、花の形が麻糸を巻くために使った苧環(オダマキ)に似ていることに由来する。同様に糸巻きに似ているということから糸繰草(イトクリソウ)の別名もある。英名のコランバイン(Columbine)は「鳩のような」という意味で、つぼみの形にちなむ。

晩春~初夏の花。花色は紫、赤、白、ピンク、黄、青など。

オダマキの花言葉
英名のコランバインは、ヨーロッパの道化芝居に登場する娘の名でもあり、その娘が持つ杯に花姿が似ていることにちなむ。「愚か」の花言葉は道化役に由来する。
かつてヨーロッパでこの植物がライオンソウと呼ばれていた。ライオンがこの葉を食べるので非常な力があるといわれ、人間が両手に葉をこすりつけるだけで勇気がでると信じられていた。紫のオダマキの花言葉「勝利への決意」はこの話にちなむ。
赤いオダマキの花言葉「心配して震えている」は、この花がヨーロッパで「捨てられた恋人」のシンボルになっていることに由来するといわれている。

「愚か」

色別の花言葉
紫のオダマキ
「勝利への決意」
赤いオダマキ
「心配して震えている」
白いオダマキ
「あの方が気がかり」
 z10674.jpg

 
オダマキ誕生花
5月14日(紫)、5月29日、6月2日(赤)
 
オダマキの種類
世界に約70種が知られるオダマキ属。日本にはヤマオダマキ(紫褐色)、ミヤマオダマキ(青紫色)の2種が山地から高山にかけて分布する。一般に出回っているのはセイヨウオダマキの改良品種で、多彩な色や花姿を誇る。
 
オダマキの花
紫や赤などの花びらに見えるのは萼(がく)で、本当の花は内側の白い部分。
 z10675.jpg

西洋の花言葉(英語)
Columbine(オダマキ全般)
「folly(愚か)」
Purple Columbine(紫のオダマキ)
「resolved to win(勝利への決意)」
Red Columbine(赤いオダマキ)
「anxious and trembling(心配して震えている)」
 
オダマキの季節・開花時期
旬の季節: 晩春~初夏
開花時期: 5月~6月
出回り時期: 5月~6月
花持ち期間: 4~5日程度
 
名称・原産地
科・属名: キンポウゲ科オダマキ属
学名: Aquilegia spp.
和名: 苧環(オダマキ)
別名: 糸繰草(イトクリソウ)、アキレギア
英名: Columbine
原産地: 日本、アジア、ヨーロッパ
 
オダマキを国花とする国
アメリカ合衆国(セイヨウオダマキ)※
※アメリカでは各州の州花が重視されるためあまり知られていません。
z10677.jpg
葛飾水元公園!これは花菖蒲だがオダマキも咲いてるよ!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR