竹久夢二 童話集 春より 大きな蝙蝠傘


z10663.jpg


大きな蝙蝠傘


 それはたいそう大きな蝙蝠傘でした。
 幹子みきこは、この頃ごろ田舎いなかの方から新しくこちらの学校へ入ってきた新入生でした。髪の形も着物も、東京の少女に較くらべると、かなり田舎染みて見えました。けれど、幹子はそんな事を少しも気にかけないで、学科の勉強とか運動とか、つまり、少女のすべきことだけをやってのけると言った質たちの少女でした。たとえば青い空に葉をさしのべ、太陽の方へ向いてぐんぐん育ってゆく若木のようにのんびりした少女でした。
 それにしても、幹子が毎日学校へ持ってくる蝙蝠傘は非常に大きなもので、忽たちまち学校中の評判になりました。
 どこの級にも、頓智とんちがあってたいへん口が軽く、気の利いたことを言っては皆を笑わせることの好きな愚おろかな生徒が一人や二人はあるものです。幹子の級にも、時子ときこと朝子あさこという口のわるい生徒がありました。
 ある日、幹子みきこは学校へゆく途中で、この口のわるい連中に出会いました。むろんこの時、幹子は例の蝙蝠傘こうもりがさを持っていたので、忽たちまちそれが冷笑の的になりました。
「あら何処どこの紳士かと思ったら、幹子さんだったわ、幹子さんお早う」
 時子ときこが言った。なるほど幹子の蝙蝠傘は、黒い毛繻子張けじゅすばりで柄の太い大きなものだから、どう見ても、祖父様おじいさんの古いのをさしたとしか見えませんでした。事実またそうであったかもしれません。この場合「何処の紳士かと思ったら」というのは、ほんとに適評だったので、皆はどっと笑いくずれました。
 幹子も一緒になって笑いながら「お早う」と挨拶あいさつして、つまらないお友達にかまってはいられないと言ったように、さっさとそこを通りぬけて、まっすぐに学校の方へ歩いた。
「あのくらい蝙蝠傘が大きかったら日にやけないで好いいわね」
「ええ、だから幹子さんは、お色が白いわよ」
 そう言って冷笑しているのも幹子の耳へ這入はいった。けれど幹子は何を言われても平気でいた。
「でも幹子さんの田舎いなかじゃあれでたいへんハイカラなのかも知れないわ」
「そうね。私はこう思うの、幹子さんのお父様はきっと薬屋さんに違いないわ。だから幹子さんをいまに薬売くすりうりにするんだわ。ほら、よく薬売があんな大きな蝙蝠傘をさして来るでしょう。「本家、讃岐さぬきは高松たかまつ千金丹せんきんたん……つて歌って来るじゃないの」そう言って時子は、面白く節をつけて歌って見せた。
「そうよ、そうよ」
「きっとそうだわ」
と口口に言うのでした。
 この時、幹子は静かに気にもかけないような風で振返りながら、
「私が薬屋になったら、好よい薬を売ってあげますから、安心していらっしゃいな」
 幹子は、笑いながらそう言って、すたすたと行ってしまった。
 そう言われると、口のわるい連中も、さすがに何も言えないで黙っていた。
 それから四五日してから学校の授業中、俄にわかに雨が降りだして、授業の終る頃ころには流れるように降ってきた。
 今こそ、この冷笑の種になった大きな蝙蝠傘が役にたつ時が来た。
 幹子は、時子や朝子あさこが、小さな美しい蝙蝠傘を持てあましているのを見かねて、
「皆様この中へ這入っていらっしゃいな、大きいからみんな這入れてよ」
 三人は仲よく、大きなハイカラな蝙蝠傘のお蔭かげで、少しも雨にぬれないで家うちへ帰ることが出来たのでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR