ニゲラ

z10686.jpg
ニゲラと言うと種がスパイスや薬の原料という事知ってた?ハーブの一種で効能のあまりの多さでMiracle Herb又は祝福の種(Seed of Blessing)とも呼ばれているんだよ。

ニゲラ Nigella
学名「Nigella(ニゲラ)」は、ラテン語の「niger(黒い)」が語源となり、種子の黒いことに由来し、和名でも黒種草(クロタネソウ)と呼ばれている。なお、ニゲラの種には香りがあり、インド料理などで香辛料として利用されている。

晩春~初夏の花(最盛期は5月)。花色は白、青、黄、ピンク、紫など。

ニゲラの花言葉
ニゲラは英語で「Love-in-a-mist(霧のなかの恋)」とも呼ばれ、花言葉の「当惑」はこれにちなむといわれている。
 
「当惑」「ひそかな喜び」
z10688.jpg

ニゲラ誕生花
3月8日、3月31日、4月21日、5月29日
 
各国の名称
細い針金のような葉のなかに花をつける姿が幻想的なニゲラ。英語では「ニゲラ(Nigella)」の他に「霧のなかの恋(Love-in-a-mist)」や「茂みのなかの悪魔(Devil-in-a-bush)」と呼ばれている。フランスではニゲラの葉の様子から「ヴィーナスの髪」や「青髭」と呼ばれ、ドイツでは「緑のなかの処女」と呼ばれるそうな。
z10687.jpg

 
西洋の花言葉(英語)
≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧
Nigella(ニゲラ全般)
「perplexity(当惑)」
 
ニゲラの季節・開花時期
旬の季節: 晩春~初夏
開花時期: 5月~6月
出回り時期: 5月~6月(最盛期は5月)
花持ち期間: 3~5日程度
 
名称・原産地
科・属名: キンポウゲ科クロタネソウ属
学名: Nigella damascena
和名: 黒種草(クロタネソウ)
別名: ニゲラ
英名: Nigella, Devil-in-a-bush, Love-in-a-mist
原産地: 南ヨーロッパ、中東、南西アジア

z10689.jpg
和泉リサイクル環境公園ニゲラ!大阪に行くのに此処をを訪れないのは勿体ない気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR