ヘリオトロープ

z10724.jpg
珍しい部類のペルー原産の花だよ。その甘い香りはバニラ香と呼ばれている!

ヘリオトロープ Heliotrope
属名の学名「Heliotropium(ヘリオトロビウム)」は、ギリシア語の「helios(太陽)」「trope(向く)」が語源で、太陽に向かって花をひらくという意味がある。英語では香りが似ているということで「Cherry pie(チェリーパイ)」の別名もあるんだ。
ヘリオトロープとギリシア神話
水の精クリティが太陽神アポロンに恋をした。しかし、アポロンとレウトコエ王女が恋仲にあり、それをねたんだクリティが王女の父に密告してしまいまう。怒った王は娘のレウトコエを生き埋めにしてしまった。自分の行ないを恥じたクリティは、9日間地面に座ったまま空をすぎるアポロンをみつめていると、やがてヘリオトロープに姿を変えてしまったという。

初夏の花。花色は紫、白など。

ヘリオトロープの花言葉
花言葉の「献身的な愛」は、太陽神アポロンに恋をした水の精クリティが、ヘリオトロープに姿を変えたというギリシア神話にちなむ。なお、この言い伝えはキンセンカの伝説が、そのままヘリオトロープの伝説になっている。
 
「献身的な愛」「夢中」「熱望」
z10722.jpg

ヘリオトロープ誕生花
1月27日、5月24日
 
 
ヘリオトロープと香水
「香水草」や「匂ひ紫」の別名もあるヘリオトロープ。バニラのような甘い香りがするため、古くから石けんの香料や香水の原料として用いられてきた。フランスで1892年に発売されたロジェ・ガレの「Heliotrope Blanc」は、日本に輸入されて初めて市販された香水といわれている。夏目漱石の小説『三四郎』でもヘリオトロープの香水が登場する。強い芳香を放つヘリオトロープの花は、ドライフラワーやポプリにも利用されている。
 
西洋の花言葉(英語)
≪Language of flowers≫ 西洋の花言葉一覧
Heliotrope(ヘリオトロープ全般)
「devotion(献身的な愛)」
 
ヘリオトロープの季節・開花時期
旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~7月
出回り時期: 5月~7月
花持ち期間: 3~5日程度
 
名称・原産地
科・属名: ムラサキ科キダチルリソウ属
学名: Heliotropium arborescens
和名: ヘリオトロープ
別名: 木立瑠璃草(キダチルリソウ)、香水草(コウスイソウ)、匂ひ紫(ニオイムラサキ)
英名: Heliotrope, Cherry pie
原産地: ペルー

z10723.jpg
百合が原公園〒002-8082 北海道札幌市北区百合が原公園210番地
ヘリオトロープが咲いてるか電話確認してからどうぞ!
百合が原緑のセンター  8:45~17:15 Tel:011-772-3511
前にも言ったけどここは夜行くとヤバい取り憑かれたくなければ明るい内にお帰り下さい!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR