海潮音拾遺 上田敏訳  ダンテ アリギエリ

z10725.jpg

忌々しき「死」の大君は ダンテ・アリギエリ 


忌々(ゆゝ)しき「死」の大君(おほぎみ)は慈悲の敵(あだ)なり、
昔より悲(かなし)みの母、
かたくなに、言向(ことむけ)がたき司(つかさ)かな。
われも心に「憂愁」の種を播れぬ、
いざさらば憂ひて已やまじ
この舌の君さいなみに倦ぬとも。

われ今ここに君が身をつゆばかりだに
慈悲無しと思ふものから、
まがごとの大凶事(おほまがごと)と、君が罪
鳴(ならし)て責めむ。世の人も知らぬにはあらず、
しかすがになほ憤いきどほり、
けふよりぞ「愛」の惠に歸依(きえ)すべき。

いと美くしき禮讓(れいじやう)はこの塵の世を捨てたるか。
をみな心の麗(うるは)しき徳性さへもうせにしか。
わかき命いのちのまさかりに、
「愛」の色香を毀(こぼち)たる憎き「死」の神。

この淑女(いらつめ)の誰(たれ)なるを、ここに語るは憚(はゞか)れど、
そが本性の氣高きを述べたればこそ人知らめ。
後世(ごせ)の福(さいはひ)得べき身ぞ
天(あま)つ御空(みそら)に此君を仰ぎ見すらむ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR