海潮音拾遺 上田敏訳 ダンテ・アリギエリ

z10744.jpg

きその日は ダンテ・アリギエリ


きその日は思ひむすぼれ、とぼとぼと
馬を進むる憂うき旅路、これも旅かや
まのあたり、路のもなかに「愛」の神、
巡禮姿、しほたれて、衣手輕かろし。

うれはしき其かんばせは、さながらに、
位はがれしやらはれのやつれ姿か、
憂愁の思ひにくれて吐息がち、
人目を避けて、うなだるゝあはれの君よ。

ふとしもわれを見給ひて呼び給ふやう、
『われは、今、かの遠里をはなれ來ぬ。
さきにはそこに汝なれが身の心しんの臟をぞ

置きたれど、新たの悦得させむと
持ち來きたりぬ』とのたまひつ、たちまちわれに
憑ひ、消え失せたるぞ不思議なる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR