フクシア

z10757.jpg
フクシアで有名なのは神戸花鳥園だろう、今は名前が変わったのかな?
 
フクシア Fuchsia
属名の学名「Fuchsia(フクシア)」は、ドイツの植物学者レオンハルト・フックス(Leonhart Fuchs / 1501~1566)の名前にちなむ。
日本では花の姿を釣りのウキに見立てて「釣浮草(ツリウキソウ)」の別名もある。また、垂れ下がったイヤリングのような花の形から英語では「Lady’s-eardrop(女性の耳飾り)」とも呼ばれている。

初夏の花。花色は赤、紫、ピンク、白など。

フクシアの花言葉

「つつましい愛」「信じる愛」

色別の花言葉
花言葉の「好み」は、女性の耳飾りという英名にちなむといわれている。
深紅のフクシア
「好み」 
z10760.jpg

 
フクシア誕生花
1月25日、5月17日、5月22日、7月11日
 
フクシアの花
フクシアの上に反り返った花びらのような部分は萼(がく)で、花はその下の円すい形の部分になる。全体が赤いものや花が紫、萼が白いものなど花色、花形のバリエーションも豊富。
 
フクシアの種類
フクシアの園芸品種のほとんどが雑種起源のもので世界に約6000種があるとされている。代表的な品種に「カルメン」「サウスゲート」「エンジェルス・イヤリング」「スウィングタイム」「ダテムラサキ」「マリンカ」などがある。
 
西洋の花言葉(英語)

Fuchsia(フクシア全般)
「humble love(つつましい愛)」「confiding love(信じる愛)」
Scarlet Fuchsia(深紅のフクシア)
「taste(好み)」
 
フクシアの季節・開花時期
旬の季節: 初夏
開花時期: 5月~7月
出回り時期: 3月~7月
花持ち期間: 7~10日程度
 
名称・原産地
科・属名: アカバナ科フクシア属
学名: Fuchsia hybrida
和名: フクシア
別名: 釣浮草(ツリウキソウ)、ホクシア、ホクシャ、フクシヤ
英名: Fuchsia, Lady’s-eardrop
原産地: 中南米
z10758.jpg
神戸花鳥園 神戸市中央区港島南町7-1


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR