ナスタチウム

z10778.png
ハーブとして知られる花だね!

金蓮花 Nasturtium
花名のナスタチウム(Nasturtium)は、ラテン語の「nasus(鼻)」と「tortus(ねじる)」を語源とし、この植物に辛味があることにちなむといわれている。なお、「Nasturtium(ナスタチウム)」は別属(オランダガラシ属 / クレソンなど)の学名だが、似た味をもつために転用された通称。和名の金蓮花(キンレン)や別名の凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)は、花がノウゼンカズラに似て、丸い葉はハスに似ていることにちなむ。

初夏~秋の花。花色はオレンジ、黄、赤、ピンクなど。

ナスタチウムの花言葉
花言葉の「愛国心」「勝利」「困難に打ち克つ」は、ナスタチウムの丸い葉を盾に、赤い花を血に染まった鎧に見立て、敵国や困難に立ち向かう姿勢を表しているともいわれている。

「愛国心」「勝利」「困難に打ち克つ」
z10777.jpg

ナスタチウム誕生花
4月6日、5月11日、9月6日
 
エディブル・フラワー(食用花)
ナスタチウムの花や葉には特有の辛味があり、サラダの飾りや風味づけに用いられる。また、若い果実を塩漬けにするとケッパーに似た風味があり、薬味に使うこともある。
 
西洋の花言葉(英語)
Nasturtium(ナスタチウム全般)
「patriotism(愛国心)」「victory in battle(戦いに勝つ)」
 
ナスタチウムの季節・開花時期
旬の季節: 初夏~秋
開花時期: 5月~11月
 
名称・原産地
科・属名: ノウゼンハレン科ノウゼンハレン属
学名: Tropaeolum majus
和名: 金蓮花(キンレンカ)
別名: ナスタチウム、凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)
英名: Garden nasturtium, Indian cress
原産地: ペルー、南アメリカ

z10779.jpg
大島小松川公園 !




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR