竹久夢二 童話集 春より 街の子


z10663.jpg


街の子 竹久夢二

 それは、土曜日の晩でした。
 春太郎はるたろうは風呂屋から飛んで帰りました。春太郎が、湯から上あがって着物をきていると、そこの壁の上にジャッキイ・クウガンが、ヴァイオリンを持って、街を歩いている絵をかいた、大きなポスターが、そこにかかっているのです。

               十二月一日より
ジャッキイ・クウガン 街の子
               キネマ館にて

と書いてあるのです。それを見た春太郎は、大急ぎで帯をぐるぐる巻きにして、家うちへ飛んでかえりました。
 春太郎は、ジャッキイ・クウガンが大好きで、ジャッキイの写真はたいてい見ていました。だからもう今では、ジャッキイの顔を見ると、長い間のお友達のような気がするのでした。
「お母様かあさん、いってもいいでしょうねえ」
 春太郎はるたろうはそう言って、お母様にせがみました。
「でも一人ではいけませんよ。お姉様ねえさんとならいいけど」
「うん、じゃあお姉様と、ね、そんならいいでしょう」
 春太郎はお姉様のとこへ飛んでいって、たのみました。
「お母様は、行ってもいいっておっしゃったの?」
「ええ、お姉様とならいいって」
「じゃ、行ってあげるわ」
「うれしいな、これからすぐですよ」
 春太郎は、お姉様につれられて、キネマ館へゆきました。二階の正面に坐すわって、ベルの鳴るのを待っていました。
 しばらくすると、ベルが鳴って、ちかちかちかちかと、フィルムの廻まわる音がしだしたかとおもうと、ぱっと、ジャッキイの姿が、眼めのまえにあらわれました。ぱちぱちぱちと、春太郎も思わず手をたたきました。
「ここに、カリフォルニアの片田舎かたいなかに、ひとりの少年がありました。その名を……」
 と弁士がへんな声を出して、説明をはじめました。春太郎は、弁士の説明なんかどうでもいいのでした。ただ、ジャッキイが出てきて、笑ったり、泣いたり、歩いたり、坐ったりすれば、それだけで十分いいのでした。ジャッキイが泣くときには、春太郎も悲しくなるし、笑うときには、やはりうれしくなって笑いだすのでした。
 ジャッキイのお母様が死んでから、ジャッキイは、育てられたお祖父じいさんお祖母ばあさんに別れて、お母様の形見のヴァイオリンを、たった一つ持ったままで、街へ出てゆきました。
 ちょうど、これはクリスマスの晩のことで、立派な家の窓から暖かそうな明りがさして、部屋のまん中には、大きなクリスマス・ツリーが立っていていい着物をきた子供たちは、部屋の中を飛廻っていました。ある家の食堂の方からは、おいしそうな御馳走ごちそうの匂においがしているのでした。
「ぼくには、何にもないや。お家うちも、クリスマス・ツリーも、御馳走も。お父様とうさんも、お母様もないや、なんにも、ないや」
 ジャッキイはとぼとぼと歩きました。そのうちお腹なかはへってくるし、寒さはさむし、そのうえ雪がだんだん降りつもって、道もわからず、それに一番わるいことは、どこへいったらいいか、ジャッキイにはあてがないことでした。
 玩具屋おもちゃやの飾窓ショウウィンドウには大きなテッディ熊ベアが飾ってあります。玩具屋の中から、大きな包をもった紳士が子供の手を引いて出てきました。
「あの大きな包の中にはきっとたくさん玩具があるんだよ」
 ジャッキイは、ぼんやりそれを見ていますと、
「おいおい危あぶないよ」
 そう言って、馬車の別当が、ジャッキイをつき飛ばしました。
 どこか遠くの方で、オルガンの音がする。オルガンに足拍子をとりながら、沢山の天使がダンスをやっている。そこは、高い青い空で、空には数えきれないほどたくさんの星が、ぴかぴか光っています。
「きれいだなあ」
 ジャッキイは、夢を見ているような心持で、高い空を見ていました。すると、白い髯ひげをはやした一人の老人としよりが、とぼとぼと歩いてきました。
「ああ、サンタクロスのお爺じいさんだ。きっとそうだよ。ぼくんとこへ、クリスマスの贈物を持ってくるんだよ。だけどおかしいなあ。袋を持っていないや。」
 老人は、だんだんジャッキイの方へ近づいてきました。そしてジャッキイをだきあげて、自分のうちへつれて帰りました。家うちといっても貧しい屋根裏で、あくる日からジャッキイは、このお爺さんと二人で、ヴァイオリンをひいて、街を、はずれからはずれまで歩かねばなりませんでした。
 お爺さんは、親切ないい人でしたが、ある日ジャッキイの子守唄こもりうたをききながら、死んでしまいました。ジャッキイは、またある有名な音楽家に救われて、そこの家うちへ引取られてゆきました。食堂へはいると、そこに写真がかかっていました。それは一人の女の肖像でありました。ジャッキイはそれを見て
「ああ、お母様かあさんだ!」
 その音楽家もびっくりしてしまいました。ジャッキイは、ポケットから、一枚の写真を出して、その音楽家に見せました。写真のうらには
ジャッキイへ、お前の母より
 と書いてあるのでした。その写真と、この額の写真とは、おなじ人でありました。
「お前はわたしの子だったのか」
 音楽家は、ジャッキイをしっかり抱きしめて、ジャッキイの眼めからながれる嬉うれし涙を、ふいてやりました。
 お父さんの音楽家の眼からも、玉のような涙がぽろぽろと流れました。春太郎はるたろうの眼からも、ぽろぽろと大きなのがころげました。春太郎のお姉様ねえさんも眼にハンケチをあてていました。
 春太郎はるたろうは、学校へゆく道で考えました。早く雪が降ってくれるといいな。そしてクリスマスの晩になるといいな。だけど、ジャッキイはどうしたろう。あれからすっかり幸福しあわせになったかしら。まだあの大きなズボンをはいて、ロンドンの街を歩いているのじゃないかしら。ぼくもロンドンへゆきたいな。お姉さんが死んでしまったら、ぼくお姉様のヴァイオリンを貰もらおうや。そして、クリスマスの晩、ロンドンの街を歩くんだ。そうすると大きな、玩具屋おもちゃやがあって、そこの飾窓ショウウィンドウに、テッディ熊ベアがいるだろう。「おい危あぶない」で、空には星が、きらきら光っていて、袋を持たないサンタクロスのお爺じいさんがやってくる。ジャッキイがヴァイオリンをひいているのを、お爺さんがききながら、「うまい、うまい。ジャッキイは、今に大音楽家になるぞ」そう言ってほめました。
 きっと、ぼくは大音楽家になるだろう。そして、ぼくのお父様とうさんも大音楽家なんだ。おや、おや。ぼくのお父様は、会社へ出ているんだっけ、
「カン、カン、カン」
「カン、カン、カン」
 その時、春太郎は、いつの間にか、学校の前へ来ていました。
 いま恰度ちょうど、授業のはじまるベルが鳴っていました。
 春太郎は、ジャッキイになることを急に思いとまって、おおいそぎで教室の方へ走ってゆきました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR