竹久夢二 童話集 春より 博多人形


z10663.jpg


博多人形

 お磯いそは、可愛かあい博多人形を持っていました。その人形は、黒い眼めと薔薇色ばらいろの頬ほおを持った、それはそれは可愛かあいらしい人形でありましたから、お磯はどの人形よりも可愛がっていました。どこへゆく時にも傍そばをはなしませんでした。夜寝る時でさえ、そっと傍へ寝かしてやるほどでした。
 ある日お磯は、牧場へ茅花つばなを摘みにゆきました。やはりいつものように右の手には御気に入りの人形が抱っこされていました。
……つうばな つうばな
一枝折っては帯にさし
二枝折っては髪にさし……
 茅花が、両手に一ぱいになったとき、お磯は人形に言うのでした。
「あなたは好いい児こね。あたしは、お手手が、こんなに一ぱいなんでしょう。ほうら、だからここへねんねして待ってて頂戴ちょうだいな。かあさんすぐ来ますからね。いいこと」
 お磯いそは、人形を草の上に寝かしました。柔かい青い草は、ほんとに気持のよい寝床でした。
……三枝がさきに日が暮れて
かみの庄屋しょうやが泊ろうか
なかの庄屋で宿とろか
しもの庄屋へ泊ったら……
 お磯は、そう歌いながら茅花つばなを摘んでいるうちに、いつか太陽がおちて、そのあたりが薄暗くなって来ました。お磯はびっくりして人形を寝かしておいた所へ来ましたが、どこもかも草だらけで、どこへ人形をおいたやら、探しても見つかりません。
「あたしの坊やどこにいる?」
 いくら呼んでも返事がありません。そのうちに太陽は、ずんずん、お山の向うへ帰ってしまいました。
「まあここにいたの、磯ちゃん、さ帰りましょう」お家うちから姉さんが、呼びにきたのでした。
「だって、あたしのお人形が見えないんですもの」
 お磯はそう言って、姉さんと一緒に探しましたけれど、矢張人形は見つかりませんでした。
「あしたまた姉さんと探しにきましょうね。そしたらお日さまが手伝って探して下さるわ。ね」
 姉さんにそう言われて、お磯もあきらめて、お家の方へ帰りました。
「もしか、お人形が、人買ひとかいに連れてゆかれたらどうしましょう。それともお化ばけが出てきて食べないかしら」
 お磯はそれが心配でした。
 けれど、人買もお化も連れてゆきませんでした。長い草は微風そよかぜにふかれながらも、人形を誰だれからも見えないように、上手にかくしてくれました。だから人形は、日がくれてもじっとそこに寝ていました。
 日が暮れると、一番に出る青い星が、森の上へ出てぴかぴか光りました。
……お星さん お星さん
ひとつぼしで出ぬもんじゃ
千も万も出るもんじゃ
 遠くの方で男の児この歌う声がしました。人形は、もしや私を連れに来るのかと、眼めをぱっちりあけていましたが、歌の声も遠くへいってしまいました。
「どうなることだろう」
 人形はもう泣き出しそうになりました。
……リイリイリイ……
 近くの草のなかで、鈴虫が鳴きだしました。人形は大喜びで、
「鈴虫さん、あたしをお嬢さんのとこへ連れていって頂戴ちょうだいな」
 とたのみました。
「おや、お人形さん。あなたおいてけぼりになったの。でも、あたしお嬢さんのお家うちを知りませんよ、リイリイリイ」と言ってどこかへ飛んで行きました。
……クララ クララ……
 川の淵ふちで蛙かえるがなきました。人形は、また蛙を呼びかけました。
「蛙さん、まだ夜はあけないの」
「おいらは知らないね。お日様が出たらきいて見な。クララクララ」蛙は、つっけんどんにそう言って、ずぼんと川の中へ飛込みました。
 人形は泣きながら、さみしい夜の明けるのを待っていました。
 やっと夜が明けて、近くでチョキンチョキンと鋏はさみの音がしました。それは牧場の番人が草を刈りに来たのでした。
「おじさん、あたしのお人形を見なかって?」
 そう言っているのは、お嬢さんの声だと、人形はおもいました。
「さあ、わしはまだ見ないが」
 番人はそう言ってだんだん人形の近くまで刈ってきました。
「はやく刈って頂戴ね。おじさん」
 お嬢さんも、人形も気が気ではありません。そのうちに、昨夜ゆうべ人形を隠してくれた長い草のとこまでくると、ひょっくり人形が出てきました。
「そうら、いたいた」
 番人が言いました。
「まあ! あたしの坊や!」
 お磯いそは、可哀かあいそうな人形を抱きあげて、頬ほおずりして喜びました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR