クチナシ

z10899.jpg
家に有るよ。元々植えたものではなく野鳥のプレゼントで自然に育つた!

クチナシ Cape jasmine
花名のクチナシの由来は諸説あり、果実が熟しても割れないことから「口無し」がその語源であるともいわれている。
英語ではその香りから「Cape jasmine(ケープ・ジャスミン)」と呼ばれています。また、属名から「Gardenia(ガーデニア)」とも呼ばれている。

初夏の花(最盛期は6月)。花色は白。

クチナシ全般の花言葉
初夏の風に乗って漂うクチナシの甘い香り。花言葉の「喜びを運ぶ」はその香りに由来するといわれる。「とても幸せです」の花言葉は、アメリカで女性をダンスパーティーに誘うときにクチナシの花を贈ることから、誘われた女性の気持ちを表しているともいわれている。

「とても幸せです」「喜びを運ぶ」「洗練」「優雅」
z10900.jpg

 
クチナシ誕生花
5月6日、6月7日、6月30日、7月7日
 
クチナシの香り
甘くロマンチックな香りを放つクチナシの花。英語ではジャスミンのような香りがするので「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」と呼ばれている。ケープはアフリカ大陸の南端にある喜望峰(Cape of Good Hope)を指す。
 
クチナシの飾り
胸飾り
胸に飾る花の代表格といえばカトレアとクチナシ。「ランの女王」とも呼ばれるカトレアはとても高価な花だが、クチナシは価格も手頃。アメリカのエチケット本では、若い男性が女性をダンスパーティーに誘うときには、胸飾り用にクチナシの花を贈るといいとアドバイスしているらしい。
髪飾り
アメリカの黒人女性ジャズ歌手のビリー・ホリデイ(1915~1959)は、クチナシの花を髪飾りにして舞台に立ったことで有名。
 
クチナシの言い伝え
日本では、クチナシが「嫁の口がない」に繋がることから、女の子のいる家には植えないほうがいいという俗信がある。
 
クチナシと着色料
乾燥させたクチナシの果実は、古くから黄色の着色料として利用されてきた。発酵させることで青色の着色料にもなる。繊維を染めたり、たくあんや栗きんとんなどの食品を黄色に染めたりするのに用いられる。
 
クチナシと薬
クチナシの果実は山梔子(さんしし)と呼ばる生薬の一つ。漢方では、消炎、解熱、鎮痛薬などとして配合されるという。
 
クチナシとガーデニア
もともと一重咲きだったクチナシの花。改良により八重咲きや大輪の品種も作り出され、ガーデニアとも呼ばれている。ガーデニアはウエディングブーケにもよく利用されている。
 
西洋の花言葉(英語)
Cape jasmine(クチナシ全般)
「I’m too happy(私はとても幸せです)」「transport of joy(喜びを運ぶ)」
 
クチナシの季節・開花時期
旬の季節: 初夏
開花時期: 6月~7月
出回り時期: 6月~7月(最盛期は6月)
花持ち期間: 2~4日程度
 
名称・原産地
科・属名: アカネ科クチナシ属
学名: Gardenia jasminoides
和名: 梔子(クチナシ)
別名: ガーデニア
英名: Cape jasmine, Gardenia, Common gardenia
原産地: 日本、中国、台湾、インドシナの温帯、亜熱帯
z10901.jpg
家のはこんな風に育っているが邪魔なところに生えてるのが悩み!しかし野鳥のプレゼントなので大事にしないとね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR