月見草

z10906.png
太宰治が富嶽百景の中で「富士には月見草がよく似合ふ」と表現している。俺には月見草でなくても花の園なら絵になると思うがそういう事にしておこう!

月見草 Evening primrose
 夏の夕方に開花し翌朝にはしぼんでしまう月見草(ツキミソウ)。花名は、月が現れる時間帯に咲くことに由来するといわれている。

夏の花(最盛期は7月)。花色は白、ピンク。

ツキミソウの花言葉
花言葉の「無言の愛情」は、人目を避けるように夕方ひっそりと花をひらくことに由来するといわれている。「移り気」の花言葉は、咲き始めの白い花が、翌朝のしぼむころには薄いピンク色に変化することにちなむといわれている。
 
「無言の愛情」「移り気」
z10905.jpg


ツキミソウ誕生花
6月21日、8月30日
 
ツキミソウの仲間
ツキミソウはマツヨイグサ属の植物。同属種であるオオマツヨイグサ、マツヨイグサ、メマツヨイグサのことを月見草(ツキミソウ)と呼ぶこともある。なお、待宵草(マツヨイグサ)の名称は、宵になるのを待つようにして夕方に花を咲かせることに由来する。
大待宵草(オオマツヨイグサ)
6月~9月の夕方から朝に黄色い大きな花(6~8cm)を咲かせる。
待宵草(マツヨイグサ)
6月~9月の夕方から朝に黄色い中型の花を咲かせる。
雌待宵草(メマツヨイグサ)
6月~9月の夕方から朝に黄色い小さな花(2~4cm)を咲かせる。
昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)
5月~7月頃に白や薄いピンク色の花(4~5cm)を咲かせる。ツキミソウとは違い、昼間にも開花していることからこの名がつけられた。
z10904.jpg

 
西洋の花言葉(英語)
Evening primrose(ツキミソウ全般)
「mute devotion(無言の愛情)」「inconstancy(移り気)」
 
ツキミソウの季節・開花時期
旬の季節: 夏
開花時期: 6月~9月
出回り時期: 6月~9月(最盛期は7月)
花持ち期間: 一つの花は1日
 
名称・原産地
科・属名: アカバナ科マツヨイグサ属
学名: Oenothera tetraptera
和名: 月見草(ツキミソウ)
英名: Evening primrose
原産地: メキシコ
z10907.jpg
河口湖から。まあ車が多いし観光客もウザいので平日に休暇を取って観に行って貰いたい!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

370815hideto

Author:370815hideto
英人の単車魂へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
ここからどうぞ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR